【ライヴレポ】けやき坂46と日向坂46のハッピーオーラを堪能できた特別な日!「空のようにどんな色にも染まれるグループになりたい」

【ライヴレポ】けやき坂46と日向坂46のハッピーオーラを堪能できた特別な日!「空のようにどんな色にも染まれるグループになりたい」
【ライヴレポ】けやき坂46と日向坂46のハッピーオーラを堪能できた特別な日!「空のようにどんな色にも染まれるグループになりたい」

一本の欅から青空が生まれる——後半戦の幕開けでモニターに表示された言葉をそのまま体現するような、実にドラマティックなライヴだった。去る2月11日、けやき坂46からの改名と3月27日のシングルデビューを電撃発表した日向坂46。3月5日、6日の2Daysにわたり神奈川・横浜アリーナで開催された『日向坂46 デビューカウントダウンライブ!!』は、その前半戦を“けやき坂46ラストライヴ”として行い、その歴史を丹念に振り返り。そのまま日向坂46のお披露目をして、記念すべき“終わり”と“始まり”を満員のおひさまたちと共に祝った。

まずは、欅坂46の後輩グループとして長濱ねるを中心に結成された経緯を辿るドキュメント映像が流れ、ムービーの中で長濱が「聴いてください。けやき坂46デビュー曲「ひらがなけやき」」と告げた瞬間、一期生がステージに。過去の映像とシンクロする形で「ひらがなけやき」からライヴをスタートさせる。そしてキャプテンの佐々木久美が突然の改名発表に伴い、けやき坂46としてファンへの挨拶ができていなかったこと。そのため「けやき坂46のラストライヴとして、みなさんに最後のご挨拶をしたい」と語ると、「けやき坂46ラストライヴ、盛り上がっていけますか!?」「もっと声出せ!」とメンバーが立て続けに煽って、彼女たちの2番目の曲「誰よりも高く跳べ!」へ。客席で一斉に振り上がる緑色のペンライトと、“オイ!オイ!”と湧くコールを受けて、過去映像をバックにソロダンスを届けていく。以降も活動の順を追って、その時々のドキュメント映像を交えながら、けやき坂46の楽曲を次々に披露。「振り付けも進化しているんですよ。まだ私たちがあまり知られていない時期は、カメラに抜かれやすいようにと顔回りの振りが多かったり」という加藤史帆のMCを確認させてくれる。


あわせて読みたい

ランキングBOXの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月7日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。