藍井エイルのアニメ主題歌&Da-iCEのニューアルバムがそれぞれ初登場1位!“ap bank fes”書き下ろしのBank Band新曲も上位に!!< iTunes >

藍井エイルのアニメ主題歌&Da-iCEのニューアルバムがそれぞれ初登場1位!“ap bank fes”書き下ろしのBank Band新曲も上位に!!< iTunes >
藍井エイルのアニメ主題歌&Da-iCEのニューアルバムがそれぞれ初登場1位!“ap bank fes”書き下ろしのBank Band新曲も上位に!!< iTunes >

藍井エイル「翼」が、初登場1位に輝いた今週のiTunes週間ソング・ランキング。本作は7月から放送開始した人気アニメ『アルスラーン戦記 風塵乱舞』(TBS系)の主題歌。疾走感のあるメロディと、藍井の力強い歌声が堪能できる1曲だ。今年メジャーデビュー5周年を迎える彼女。この秋には2枚同時ベストアルバムのリリースも控え、今後ますます盛り上がっていきそうなアーティストのひとりである。

2位は西野カナ「Have a nice day」、3位はE-girls「E.G. summer RIDER」と続き、4位に急上昇したが浦島太郎(桐谷健太)の「海の声」。auの人気CM「三太郎シリーズ」の新バージョン「プロポーズ」篇が放送開始し、ついに浦島太郎が乙姫にプロポーズ!今後の展開にも期待が高まる中、7月18日オンエアの『2016 FNSうたの夏まつり ~海の日スペシャル~』(フジテレビ系)では、桐谷が岩手県の海を訪れて砂浜で「海の声」を熱唱する姿を放送。彼の真っ直ぐな歌声に心を打たれた人が多くいたようで、ランキング急上昇に繋がったといえる。

6位にはBank Band「こだま、ことだま。」が初登場ランクイン。本作は7月30日、31日に宮城県・石巻で行われる『Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016』のために書き下ろされた新曲。作詞を櫻井和寿、作曲を小林武史が手がけており、壮大なメロディと櫻井の伸びやかなボーカルが絡み合う希望に満ちた1曲となっている。彼らの地をやわらかな光で満たすような、極上の名曲がまたひとつ誕生した。

一方、アルバム・ランキングで初登場1位に輝いたのはDa-iCEの『パラダイブ』。「顔面偏差値75」「イケメン界の東大生」というキャッチフレーズを持つ彼らの8thシングル。アッパーなサマーチューンにノリの良い歌声が重なり、聴いているだけで気分がアガる楽曲だ。2位には西野カナのニューアルバム『Just LOVE』がランクイン。ソング・ランキングでも新曲「Have a nice day」が2位に入るなど、リリースするたびに上位ランクは確実の彼女。シングル曲ではハッピーなイメージの楽曲が多いが、『Just LOVE』の中には、失恋して辛い気持ちや、片想いのままならなさを歌った楽曲などもラインナップされ、西野のさまざまな面が改めて垣間見られる1作となっている。

7、8位はそれぞれベストアルバムとなっており、7位は絢香『THIS IS ME ~絢香 10th anniversary BEST~』、8位はDREAMS COME TRUE『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』。聴き馴染みのある楽曲が一度に楽しめるベストは、スマートフォンなどで音楽を楽しむことの多いiTunesの特性とも相性が良く、トップ10内に長くランクインし続けることが多い。この2作も、今後どういう動きを見せるのか、その動向に注目したい。

文/木村桂子

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 藍井エイル 復帰
ランキングBOXの記事をもっと見る 2016年7月27日の音楽記事

「藍井エイル + 復帰」のおすすめ記事

「藍井エイル + 復帰」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「三浦大知」のニュース

次に読みたい関連記事「三浦大知」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スピッツ」のニュース

次に読みたい関連記事「スピッツ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。