初めて訪れた海外公演の地で忘れられないハプニングとは…?FLOWが選ぶ2016年上半期の印象的だった出来事BEST3

初めて訪れた海外公演の地で忘れられないハプニングとは…?FLOWが選ぶ2016年上半期の印象的だった出来事BEST3
初めて訪れた海外公演の地で忘れられないハプニングとは…?FLOWが選ぶ2016年上半期の印象的だった出来事BEST3

こども・アニメ専門チャンネル「CSキッズステーション」で放送開始から15年の歴史を誇る『アニぱら音楽館』に初のゲスト出演を果たしたFLOW。アニソンを引っ提げてワールドツアーを回るなど、ロックバンドでありながら日本のアニメの魅力を発信し続けています。そんな彼らが、2016年上半期で印象的だった出来事BEST3を発表!初めてライヴで訪れたロサンゼルスとフィリピンでの初体験や忘れられないハプニングとは…?8月6日の初回放送となる『アニぱら音楽館 #443』では、アニソン界の大先輩である影山ヒロノブとのスペシャルコラボも実現!ここでしか観ることができないパフォーマンスをお見逃しなく。

【アニぱら音楽館から読者プレゼント!】
『ランキングBOX』ではプレゼント企画を実施中。8月3日掲載の対談インタビューに登場したGeroのサイン入りチェキを2名様にプレゼント!3日のインタビュー記事と、本日のFLOWランキング記事、5日掲載のGeroランキング記事に、それぞれキーワードが出てきます。その文字を繋げた言葉を導き出して応募をしてください。詳しい応募方法は、『ランキングBOX』に5日掲載予定のプレゼント応募ページをチェック♪

【1位】初めてづくしのLA公演『Anisong World Matsuri ~Japan Band Battle~』

今まで何度かアメリカで公演をしたことはあるのですが、ロサンゼルスは飛行機の乗り継ぎでしか行ったことがなかったんです。だから初ということでライヴ前に街を散策したり……そう!有名な「HOLLY WOOD」の看板も観てきました。(笑)ライヴでは新曲の「風ノ唄」を世界初披露したり、OLDCODEXさんとのツーマンライヴでしたが、人生初の1日2公演を経験しましたね。ツーマンでもかなりキツかったでのですが、お客さんが喜んでくれたので頑張って良かったなと思いました。

【2位】『FLOW LIVE TOUR 2016『#10』』

『#10』は、節目である10枚目のアルバムということで、様々なジャンルのアーティストと交わり新しいサウンドを作るというコンセプトを元に10曲10アーティストとコラボして制作しました。バンドとして挑戦の一枚であるこのアルバムを持ってツアーを完遂できたのが非常に嬉しく思います。特に、ツアーファイナルでは津軽三味線の疾風(はやて)さんたちと生でバンドと津軽三味線のコラボが実現し、ファンのみなさんに新しい音を伝えられたのではないかなと思っています

【3位】初フィリピンライヴ 『Ozine Fest 2016』

初のフィリピンライヴということで意気込んで行ったものの、ライヴ直前まで機材が届かず中止する寸前の状態になりました。約2000人ものお客さんがすでに会場前で待っていてくれたのですが、騒ぐことも途中で帰ってしまうこともなく、礼儀正しく2時間以上ライヴの開始を待ってくれていました。ライヴ自体は、今まで回ったアジアの中でもファンの声援がとにかく熱くて最高の盛り上がりで、とても楽しい時間を過ごせたと思います。また行きたいですね!

文/鮫島芳國


あわせて読みたい

気になるキーワード

ランキングBOXの記事をもっと見る 2016年8月4日の音楽記事

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。