演劇「ハイキュー!!」〝飛翔″が開幕!醍醐虎汰朗、赤名竜之輔らの会見コメント&ゲネプロ写真到着!!

演劇「ハイキュー!!」〝飛翔″が開幕!醍醐虎汰朗、赤名竜之輔らの会見コメント&ゲネプロ写真到着!!
演劇「ハイキュー!!」〝飛翔″が開幕!醍醐虎汰朗、赤名竜之輔らの会見コメント&ゲネプロ写真到着!!

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞が、11月1日にTOKYO DOME CITY HALL にて開幕。公演に先立って、囲み取材と公開ゲネプロを行われ、取材には新生烏野キャストと演出・脚本のウォーリー木下が登壇した。

本作は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて絶賛連載中の古舘春一による、コミックスシリーズ累計発行部数3,500万部を突破した大人気バレーボールマンガ『ハイキュー!!』を原作にした演劇シリーズの最新作。シリーズ8作目となる今回は、主人公・日向翔陽役の醍醐虎汰朗をはじめとする新生烏野がついに始動。

会見では、ウォーリーが「今回は、主役校・烏野高校が春の高校バレーで宮城県代表に決定し、次はいよいよ日本一を目指す、その前夜のような物語です。そこには、キャストとしての彼らが新生烏野として集まってきて、新しいチームを作ることとリンクした台詞もたくさんあります。今、新しいものが生まれるなということが、客席まで伝わると思います」とコメント。新しい烏野について醍醐は「一緒にいるだけで自然と仲良くなりました。こんなに仲が良いのは珍しいんじゃないかなってくらい団結できています」と明かし、「泣いても笑っても今日、幕が開きます。できることは全てやってきたつもりです。あとはこの熱量をみなさんに届けるだけ。楽しみにしていてください!」と意気込んだ。

その後の公開ゲネプロでは、ウォーリーが「美術や振り付け、映像は刷新し、音楽も全曲新曲です」と話したように、LED パネルがインパクト大のセットをはじめ、映像、音楽、ダンスとまさに“新生”といった演劇「ハイキュー!!」を披露。今作では特に「繋ぐ・託す」というテーマを想起させる演出も印象的で、春高全国大会を前に、それぞれが考え、もがき、掴もうとする姿がどこか演劇「ハイキュー!!」シリーズそのものに重なっていた。“新生”ならではの熱や勢いのある舞台に、ぜひ足を運んでほしい。


あわせて読みたい

ランキングBOXの記事をもっと見る 2019年11月1日のライフスタイル記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。