【インタビュー】宮野真守「自分の体でできることはボーダーを感じない」濃密な“たった1日だけ”を全力で生きる!

【インタビュー】宮野真守「自分の体でできることはボーダーを感じない」濃密な“たった1日だけ”を全力で生きる!
【インタビュー】宮野真守「自分の体でできることはボーダーを感じない」濃密な“たった1日だけ”を全力で生きる!

世界中で再演を重ねているミュージカルの金字塔『ウエスト・サイド・ストーリー』の日本キャスト版Season1にて、主人公・トニーを演じている宮野真守。声優だけではなく様々な表現に貪欲な彼だけに、ブロードウェイ・ミュージカル初挑戦、ミュージカル初主演にして、舞台上で実に堂々とトニーとして生きている。その確かな手応え、さらにはダブルキャストでトニーを演じる蒼井翔太へのリスペクトも滲むインタビューとなった。

■カンパニーの絆で“僕ら”の物語が動き出す!自分の人生とも言える濃密な時間

――宮野さんにとって、初のミュージカル主演作『ウエスト・サイド・ストーリー』。公演を拝見して、仲間を想いマリアに恋するトニーがそこにいる!と感じましたが、何公演か重ねた今、どんな想いを抱いているのでしょうか。
宮野 まずは、カンパニーの絆ですね。みんなのエネルギーとポテンシャル、ポジティブな力が、この舞台をひとつにまとめて、動かしていて。公演を重ねる中で見えてくるものをちゃんとみんなで共有し、気付いたことがあればそれを言葉にして伝えているから、各々はもちろん、チームとしても高めていけるんですよ。本当に素敵なメンバーに恵まれて幸せだなと思いながら毎回舞台に立たせていただいています。

――これまで、アニメ、映画、舞台など多くの作品で様々な役柄を演じてこられている宮野さんですが、愛を信じて真っ直ぐにひたむきに生きるトニーを演じながら感じること、共鳴する部分は?
宮野 本番期間中、ほぼ毎日その役を演じるのが舞台。特に今回は、大恋愛をして死を迎えるというあまりにも濃密な“たった1日だけ”を毎日生きますからね。そうやって向き合っていくと、やっぱりその役が自分の人生になるなということを改めて強く感じます。


あわせて読みたい

ランキングBOXの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月14日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。