佐々木朗希、奥川恭伸を託せるチームはどこだ? 12球団の育成事情を比較する

佐々木朗希、奥川恭伸を託せるチームはどこだ? 12球団の育成事情を比較する

今年もいよいよ、プロ野球を目指す全ての選手にとって“運命”の決まる、ドラフト会議が開催される。今回最も注目を浴びている、佐々木朗希(大船渡)と奥川恭伸(星稜)。この2人をより生かすことができるのは、いったいどこの球団なのだろうか? 過去の育成事情を比較して、考えてみたい。

(文=西尾典文、写真=KyodoNews)

佐々木朗希と奥川恭伸を生かすことができる球団の条件は?

10月17日に行われるプロ野球ドラフト会議。今年の注目は何といっても高校球界を代表する2人の投手、佐々木朗希(大船渡)と奥川恭伸(星稜)だ。多くの球団の1位入札が予想されているが、2人をより生かすことができる球団はどこになるのか。あらゆる視点から分析してみたいと思う。

2人とも大器であることは間違いないが、これまでの経験や実績から現時点での状況は少し異なってくる。簡単に言うと、よりスケールが大きいのは佐々木だが、体力やピッチングの完成度などは奥川に分があると言えるだろう。佐々木は2年目か3年目から本格化し、奥川は1年目からローテーション入りも狙えるというくらいの時間軸の差はある。そのためまず球団を選ぶ条件として2人に共通して必要な要素と、それぞれの特長をより生かしやすい点を挙げてみた。

【2人共通】
・高校生投手を1位で多く指名している
・高校卒の投手が1軍、ローテーションで多く活躍している

【佐々木に必要な要素】
・大型投手を一流にした実績
・無理して1軍に上げず、2軍で鍛えられるだけの投手陣の層


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る 2019年10月15日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら