森保「兼任」体制はやめるべき。今ならまだ間に合う、望む日本サッカー協会の英断

森保「兼任」体制はやめるべき。今ならまだ間に合う、望む日本サッカー協会の英断

ベスト16に進出し、優勝候補の一つだったベルギー代表を追い詰め、日本サッカー界の進化を感じさせた2018年のFIFAワールドカップ・ロシア大会終了後、日本サッカー協会は森保一監督にA代表と東京五輪代表の兼任を託し、さらなる高みを目指した。だが11月の3連戦を見ても、この体制には限界が見え始めている。『REAL SPORTS』編集長の岩本義弘氏は「今からでも遅くない」と兼任の解除を提案する。

(文=岩本義弘(『REAL SPORTS』編集長)、写真=Getty Images)

兼任では森保監督の最大の強みが生かされない

結論から先に書く。日本サッカー協会は、ただちに、森保一日本代表監督の東京五輪代表監督との兼任をやめるべきだ。

11月、森保監督は3試合で指揮を執取った。11月14日にアウェーで行われた2022 FIFAワールドカップ(W杯)[野口1]・カタールW杯アジア2次予選のキルギス代表戦、11月17日のU-22日本代表vsU-22コロンビア代表との親善試合(広島)、そして11月19日に行われた日本代表vsベネズエラ代表の親善試合(大阪)の3試合である。結果は、キルギス戦こそ順当に勝利を収めたものの、残り2試合は内容、スコアともに“惨敗”と言われても仕方のないものになってしまった。

この結果を受けて、メディアやファンからも、一気に森保一監督への批判が噴出している。日本代表が常に結果を求められるチームである以上、ある意味、当然の批判とも言えるだろう。ただ、1試合や2試合の結果をもって、「代表監督を替えるべき」と主張すべきではないと個人的には考える。代表チームの強化は、あくまで長いスパンで継続的に行うものだと考えるからだ。


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「五輪」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月23日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。