「年を取る=障がい者に近づく」。日本障がい者サッカー連盟・北澤豪が挑む、「他人事ではない」未来づくり

「年を取る=障がい者に近づく」。日本障がい者サッカー連盟・北澤豪が挑む、「他人事ではない」未来づくり

「サッカーは“一つ”だから。同じユニフォームを着て戦いたい」

かつてヴェルディ川崎の黄金期を支え、日本代表のユニフォームを着て戦った男は今、新たな挑戦にその身を投じている。
2016年4月に設立された、日本障がい者サッカー連盟(JIFF)の会長として目指しているのは、障がい者サッカーの普及・強化だけでも、障がい者のための社会づくりだけでもない。その先には、障がいの無い健常者にとっても生きやすい社会に行き着くものだと信じて――。

「みんなが同じユニフォームを着て、同じ夢を追う」
北澤豪の挑戦は、始まったばかりだ――。

(インタビュー・構成=野口学[REAL SPORTS副編集長]、インタビュー撮影=たかはしじゅんいち、会見写真=KyodoNews)

北澤が目指す「ごちゃまぜ」の社会の意味とは?

2019年12月、北澤豪は割れんばかりの拍手に包まれながら、手にしたトロフィーの重みを感じ入り、これまで共に歩んできた仲間たちのことを想っていた。

スポーツを通して社会貢献活動を行う個人、団体を表彰する「HEROs AWARD 2019」。その最優秀賞にあたる「HEROs of the year」を、北澤が会長を務める日本障がい者サッカー連盟(JIFF)が受賞した。

「われわれは全ての障がいのある方たちも、健常者も、みんなピッチの上で一緒になってサッカーをやっています。それが、これからの日本に必要になるであろう社会の在り方かなと。サッカーを、スポーツを通して、共生社会の実現、幸せな社会づくりができればと考えています。2020年はその大きなきっかけになると思っています」


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月21日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。