「6歳の娘に寂しい思いをさせている」 それでも女子バレー荒木絵里香が東京五輪に挑戦する理由

「6歳の娘に寂しい思いをさせている」 それでも女子バレー荒木絵里香が東京五輪に挑戦する理由

バレーボール女子日本代表のキャプテンを務める荒木絵里香選手。今年4度目の五輪出場を目指す彼女は、2013年に結婚し、2014年に女児を出産。バレーボールを続けながら子育てをする「母」という顔も持つ。この春から小学生となる娘さんとはどのように向き合っているのか? 家族と会えない時間が長く後ろ髪を引かれる思いを抱えながら、覚悟を持って挑む東京五輪への決意を語る。

(インタビュー・構成=米虫紀子、撮影=浦正弘)

「そこに意味がある」2012年以来のキャプテン就任

——東京五輪が開催される今年、銅メダルを獲得した2012年ロンドン五輪以来の、日本代表キャプテンに就任しましたが、その経緯をお聞かせください。

荒木:昨年末に(日本代表監督の中田)久美さんから直接、電話で連絡をもらって、「やってくれない?」というような感じで話があったのでびっくりしました。「1日考えさせてください」と一度持ち帰って、次の日に返事をしました。「やります」って。簡単な理由でキャプテンを代えるということはないので、意味があってのことだというふうに考えて、精一杯頑張ろうと思いました。

——返事をするまでの1日はかなり悩みましたか?

荒木:家族に相談しないといけない、自分一人では決められないと思っていました。夫(元ラグビー選手の四宮洋平さん)と母に話して、後押ししてもらいました。夫はいつもスーパーポジティブなので(笑)、すぐに「やるしかないでしょ。頑張れ」みたいな感じで言ってくれて。母のほうは、「いやー、大変でしょ……」という感じでしたけどね。でも、さっきも言ったように、このことには意味があると思うし、自分自身も成長させてもらえる機会だと思うので、必要としてもらえるなら精一杯頑張りたいと思っています。


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ハンドボール」のニュース

次に読みたい関連記事「ハンドボール」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「カーリング」のニュース

次に読みたい関連記事「カーリング」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月7日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. バレーボール 女子

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。