ドラフト選手を次々生み出す「再生工場」。独立リーグ・徳島、敏腕社長の革新的球団運営とは?

ドラフト選手を次々生み出す「再生工場」。独立リーグ・徳島、敏腕社長の革新的球団運営とは?
       

2019年は3選手、7年連続で育成枠を含むドラフト指名選手を生み、NPBスカウトから熱視線を浴びている独立リーグの球団がある。「NPBに選手を送る」という面では、突出した実績を誇る四国アイランドplusの徳島インディゴソックスは、それまでの野球人生で指名を逃していた選手たちの“再生工場”として大きな注目を集めている。
今年もドラフト指名が期待される徳島インディゴソックスはなぜ、NPB選手を次々輩出するのか? 「人材育成型」の球団運営へと大きくかじを切った南啓介代表取締役に聞いた。

(文、写真=広尾晃)

ドラフト実績No.1 NPBが最も注目する独立リーグの雄

独立リーグからNPBへ、は狭き門である。高校、大学、さらには社会人と何度もドラフト指名の可能性がありながら指名されなかった選手が独立リーグに来ている。一度はスカウトの網からこぼれた選手たち。しかし、近年、独立リーグ経由ドラフト指名、NPB入りのルートを確立した感のある球団がある。四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスだ。

筆者は2005年、四国アイランドリーグ(当時)の創設から独立リーグを見てきた。当初は「プロ野球のミニチュア版」のような認識で運営されていた独立リーグだが、次々と破綻して経営者が入れ替わる中で、今では地元企業のスポンサードに依存した「地域コミュニティー企業」へと変化している。

独立リーグは端的にいえば「野球だけでは食えないが、野球をやめたら存在意義がない」というジレンマの中でさまざまなビジネスモデルを模索しつつある企業だといえよう。


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月24日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。