新谷仁美が“日本新記録V”後に語った秘話 圧巻優勝の裏に隠された大切な「約束」
拡大する(全1枚)

大会後、新谷仁美と積水化学女子陸上競技部のSNSは、「感動しました!」「衝撃のレースでした」「勇気をもらえた」など称賛の声で埋め尽くされた。12月4日に行われた日本陸上競技選手権大会・長距離種目・女子10000m。18年ぶりとなる日本新記録で優勝し、東京五輪内定を手にした新谷。偉大な記録ずくめとなった彼女の2020年を締めくくるにふさわしいこの結果は、「私はメンタルが弱いので」と公言する彼女を支える“心強い存在”がいてこそ手にしたものだった。

(文=守本和宏、写真=ナノ・アソシエーション)

なぜ新谷仁美のレースは胸を打つのか

なぜ新谷仁美のレースは、ここまで胸を打つのか。それは彼女が、成長のストーリーを発信し続け、周囲を進化させるアスリートだからだと思う。

ふと、スタンドに目を移すと、多くの人が涙を拭っていた。
12月4日、大阪・ヤンマースタジアム長居。日本選手権・女子10000mに出場した新谷仁美は、驚異的なペースで1位を独走。国内トップクラスの選手を次々と周回遅れにしていく。その姿は、観衆の心を揺さぶり、魅了した。コロナがなければ大歓声が響いただろうか、代わりにどこか温かい拍手が会場を包み込む。最後の1周を知らせる鐘。ラスト400mで3位までをも周回遅れにした新谷は、18年ぶりに日本記録を28秒も縮める30分20秒44で、東京五輪内定を勝ち取った。

「お金のために走る」「私にとって五輪はすべてじゃない。アスリートとして結果を出すことがすべてで、参加することがすべてじゃない」と常々語ってきた新谷仁美。2014年に一度引退し、4年間OLとして働いた後、2018年に復帰してわずか2年。32歳で日本記録を更新した彼女は「陸上は好きではないが、プロとして結果を残すべき仕事」と主張する。その彼女が、五輪代表の座をつかみ発する言葉とは何か、興味があった。レース直後のインタビュー。彼女が口にしたのは観衆への感謝と、そして同じ積水化学に所属する佐藤早也伽へのお礼だった。