タレント兼アメフト選手・コージ“二刀流”キャリアの理由「リスクはあってもメリットしかない」

タレント兼アメフト選手・コージ“二刀流”キャリアの理由「リスクはあってもメリットしかない」

ビジネスや他競技との“二刀流”で活動するアスリートが増えてきている。2020年3月にお笑いコンビ「ブリリアン」解散後、コージ・トクダはタレントとアメリカンフットボール選手の二足のわらじという異色の道を歩み始めた。ブリリアン、withBとして人気を博している最中にも時折見せていた“アメフト愛”を、プレーヤーとして体現するコージが伝えたい、アメフトの魅力とは何か。また、“エンターテイナー”だからこそ思い描く、日本アメフト界の理想像とは――?

(インタビュー=岩本義弘[『REAL SPORTS』編集長]、構成=REAL SPORTS編集部、撮影=高須力)

日本でアメフトがもっとメジャーになるために「残された道」

――今シーズンから、みらいふ福岡SUNSで10年ぶりにアメリカンフットボール(以下、アメフト)選手に復帰したコージさんですが、タレント活動の中でもアメフト愛をよく語られていました。コージさんにとって、アメリカンフットボールはどんな存在ですか?

コージ:切っても切り離せない存在というか、僕を育ててくれた“恩師”みたいな感じですね。

――大学時代にアメフトをやっていたという人は決して少なくないですし、体育会の中でも花形のほうですよね。一方でまだまだ日本のトップリーグであるXリーグの認知度や人気は高いとはいえません。アメフトがもっとメジャーになるためには、どんなことが必要だと思いますか?

コージ:アメフトはルールがめちゃくちゃ難しいんですよ。高校の時はほとんどルールが分からず、3年間なんとなく試合をやっていたというくらい。大学でアメフトをあらためて勉強してようやく分かるようになったので、「ルールをちゃんと分かってもらうとなれば、かなり遠い道のりやな」と。


当時の記事を読む

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「アメリカンフットボール」に関する記事

「アメリカンフットボール」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「アメリカンフットボール」の記事

次に読みたい「アメリカンフットボール」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月24日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。