なぜ三笘薫は「ハートマーク」を掲げたのか? J1新人最多得点時に“ヒーロー”が果たした約束

なぜ三笘薫は「ハートマーク」を掲げたのか? J1新人最多得点時に“ヒーロー”が果たした約束

自らの決勝点で天皇杯制覇。最高の形で2020シーズンを締めくくった川崎フロンターレの背番号18、三笘薫。大卒1年目のルーキーながらMVP級の躍動を見せたJ1リーグでも堂々のベストイレブン選出。そんな充実したシーズン終盤の12月16日、J1新人最多得点記録に並ぶ13点目を決めた後、三笘は両手で「ハートマーク」を作ってみせた。その初めて見せたゴールパフォーマンスには難病を抱えた小学生とのある“約束”があったという。

(文=江藤高志、写真=Getty Images)

果たされたゴールパフォーマンスの「約束」

2020年12月16日。三笘薫が新人得点記録に並ぶシーズン13点目を決めたのが、明治安田生命J1リーグ第33節の浦和レッズ戦でのこと。山根視来からのクロスを頭で合わせたファインゴールだった。逆転ゴールにもなったこの得点後、三笘は自らの両手でハートマークを作った。初めて見るゴールパフォーマンスだった。 

「勇太は、三笘くんが自分との約束を忘れずにやってくれたことを本当にうれしがっていました。病気のことを知って、ゴールパフォーマンスを約束してくれて、最初のゴールでしたから」 

三笘のあのゴールパフォーマンスを見て、力をもらった少年がいた。ペルテス病という難病と戦う小学5年生の広木勇太くんだ。三笘は勇太くんに、あのゴールパフォーマンスをすると約束していた。約束通りのゴールパフォーマンスを見た勇太くんは喜びのあまり叫び、ご両親は涙した。勇太くんが担当医を驚かせる回復を見せたのは、このゴール後の診察の時のことだった。 


当時の記事を読む

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月13日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。