宇野昌磨を更なる高みへ誘う『ボレロ』。ランビエールとの絆で歩む“世界一”への道程

宇野昌磨を更なる高みへ誘う『ボレロ』。ランビエールとの絆で歩む“世界一”への道程
拡大する(全1枚)

完全復活ののろしを上げた瞬間だった。2年半ぶりの自己ベスト更新。平昌五輪以来、悩み苦しんだ時間を過ごし、涙を流したこともあった。時に回り道をしながら、それでも一歩ずつ前に進んできた。そして迎えた、特別なシーズン。“世界一”になれると信じてくれる師との絆が生み出す至極の『ボレロ』が、宇野昌磨をさらなる高みへといざなう――。

(文=沢田聡子、写真=Getty Images)

北京五輪シーズンのフリー『ボレロ』には、宇野昌磨の個性と魅力が詰まっている

宇野昌磨の今季フリー『ボレロ』は、師事するステファン・ランビエール コーチが振り付けている。『ボレロ』は、1984年サラエボ五輪・アイスダンスで優勝したジェーン・トービル&クリストファー・ディーンがフリーで滑り、芸術点で全てのジャッジから満点の評価を得た、フィギュアスケートにおいては特別な名曲だ。ランビエールコーチが選んだという『ボレロ』は、よく使われているものとは趣が少し異なるバージョンで、その選曲にもランビエールコーチが見せたい宇野の個性が感じられる。

『ボレロ』を披露した4月のアイスショー『スターズ・オン・アイス』で、宇野はテレビ局のインタビューに答え「すごく運動量の多いプログラムになっています」と説明している。

「ステファン・ランビエール コーチとつくっていて、これからもブラッシュアップしていくと思います。なるべくこの運動量や動きを(保って)、より良いものにするのはいいのですが、ジャンプのためになくならないように、これ以上の演技ができるように、シーズンを迎えていきたい」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

宇野昌磨のプロフィールを見る
REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「宇野昌磨」に関する記事

「宇野昌磨」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「宇野昌磨」の記事

次に読みたい「宇野昌磨」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク