別の世界で“親の七光り”は通用するか? 元西武・工藤公康の長男・阿須加が大河ドラマで俳優デビュー

 プロ野球の西武、ダイエー、巨人、横浜で活躍し、昨季限りで引退した野球評論家の工藤公康(49)の長男・工藤阿須加(あすか=20)が、来年のNHK大河ドラマ「八重の桜」で本格的に俳優デビューすることが分かった。5月30日、同局が発表した。

 「八重の桜」主演は綾瀬はるかで、綾瀬が演じる新島八重の弟・山本三郎役に、阿須加が抜てきされた。プロデューサーによると、オーディションでは工藤の息子とは知らずに、「光るものを感じて」、八重の弟役への起用を決めたという。同ドラマの共演者には、黒木メイサ西島秀俊長谷川京子剛力彩芽西田敏行玉山鉄二中村獅童稲森いずみといった、そうそうたるメンバーが名を連ねる。

 阿須加は現在、都内の大学に在学中で、大学ではテニス部に所属。関東地区の大学連合のダブルスで優勝経験もあるスポーツマン。甘いマスクと180センチの長身が売り。1年ほど前から芸能活動を始め、今年1月期に日本テレビ系列で放送されたドラマ「理想の息子」で俳優デビュー。ただ、同ドラマでは主役のクラスメート役で、多くの生徒役の中の一人にすぎず、「八重の桜」が本格的なデビュー作となる。

 30日の会見で、阿須加は「とにかく迷惑をかけないよう、精いっぱい共演者の方々についていきたいと思います」とコメント。父親からは「自分ができることを、精いっぱいやりなさい」と激励を受けたという。

 野球界と芸能界で畑は違うが、巨人でも活躍した200勝投手の息子とあって、さすがに注目度は満点。プロゴルファーで妹の工藤遥加(19)は、父と同じ実力がすべてのプロスポーツの道に進んだが、阿須加は別世界にチャレンジする。芸能界で“親の七光り”が通用するかどうか、注目されるところだ。
(坂本太郎)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 大河ドラマ いだてん
  2. 大河ドラマ 西郷どん
リアルライブの記事をもっと見る 2012年6月1日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「大河ドラマ + いだてん」のおすすめ記事

「大河ドラマ + いだてん」のおすすめ記事をもっと見る

「大河ドラマ + 西郷どん」のおすすめ記事

「大河ドラマ + 西郷どん」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ミヤネ屋」のニュース

次に読みたい関連記事「ミヤネ屋」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら