AKB48美術部・藤江れいなの展覧会出品作品の自己採点は「83点」!

AKB48美術部・藤江れいなの展覧会出品作品の自己採点は「83点」!

 アイドルグループAKB48のメンバーによる美術作品展覧会「AKB48美術部展覧会~額だけ立派ですいません!~」(東京・千代田区の「3331 Arts Chiyoda」にて6月15日から7月8日まで)のマスコミ向け内覧会が14日に開催され、AKB48美術部メンバーたちが展示作品を紹介した。会場を案内していた藤江れいな(18)らに、美術への意気込みと、先日に行われたAKB48選抜総選挙イベントの感想を聞いた。

 藤江の出展作品は、鏡に映した自身を描いた自画像。入場して一番最初に目につく場所に飾られている。藤江はまず、自身のことを「棒人間を描くことすら苦手」と紹介。AKB48美術部のメンバーは専門の講師から2週間に一度、2~3時間程度の講義を受けたというが、「先生からそれじゃダメだといわれ」、自画像の制作に取り掛かったことを説明した。作品の自己採点は「83点」。「とにかくがんばったんだな」と達成感に満ちた笑顔を見せた。ただ、「他のメンバー(の作品)と比べないで!」とか。

 総選挙では、前回と同じ40位だった藤江。選挙で自分の名前が呼ばれたときは、「もっと上がりたいという気持ちはありました」という。が、一方で、前回よりも「票数が3000票、上がったんです!」とうれしそう。今後にやってみたいことは「モデル」。また、「高校を卒業したということで、学園ドラマもやりたいです」とにっこり。学園ドラマの中でセーラー服を着た女子高校生を演じ、ドラマの中で「恋愛をしたい」とも。

 この日の内覧会には、美術部のメンバー10名が参加した。総選挙で34位と大躍進を果たしたSKE48研究生の松村香織(22)は、名前を呼ばれたときの感想を、「正直、信じられないのと、速報よりも上がっていたので、もう呼ばれないのではと思っていたところで呼ばれましたので、ほんとうにうれしく思います。この機会、このチャンスを生かして、研究生公演に持ちかえって、研究生のいい刺激になるようにがんばっていきたいと思います」と語った。

 また、HTK48から参加していた研究生の今田美奈(15)は、展覧会には「針金を使った絵」を展示している。「授業でみんなでつくることになりました。最初は、人間だったのですが、針金で形をつくるのが、すごくヘタで、最終的に私だけ、うさぎになってしまいました」と作品を紹介。「でも、自分の個性が出せているなと思います」とキュートな笑顔を見せ、AKB48、SKE48、NMB48のメンバーといっしょに行う美術部の活動の感想は、「すごく、楽しいです!」。「美術部で活躍し、HKTから全国に、いろいろと発信できたらなと思っています! よろしくお願いします!」と目を輝かせた。(竹内みちまろ)

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2012年6月15日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュース

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「乃木坂46」のニュース

次に読みたい関連記事「乃木坂46」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュース

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。