お笑い芸人 豪快伝説 其の二十『スギちゃん』

お笑い芸人 豪快伝説 其の二十『スギちゃん』
拡大する(全1枚)

 お笑い芸人。コメディアン。エンターテイナー。そんな彼たちがかつて刻んだ偉大なる伝説、爆笑列伝を紹介していく連載の20回目。トゥエンティーバウトは、スギちゃんだ。

 疲労でダウンするほどの忙しさ。テレビに出ていられるのは7月までと、自身で予想しているスギちゃんが、“消費期限”をなんとか超えられそうだ。『R-1ぐらんぷり 2012』の準優勝から、絵に描いたような上昇気流。スギちゃんは間違いなく、今年上半期の顔だ。

 デビューしたのは、18年も前。名古屋吉本(当時)所属の「フランクフルト」というコンビ芸人だった。のちに、浅井企画に移籍して、コンビ「メカドッグ」として活動。日本テレビ系列『雷波少年』に出演した。解散後は迷走し、おっぱい先生のキャラクター「杉山えいじ」(本名)に落ちついた。

 運命が変わったのは、昨年11月。占い師・ゲッターズ飯田の助言によって、芸名・芸風を変更。サンミュージックに身をあずけた。すると、わずか3か月で、状況が変わった。ダンディ坂野ヒロシ髭男爵小島よしお鳥居みゆきに次いで、ホームラン級の一発屋芸人になったのだ。

 奥手なぶん、性への探究心は旺盛。

 初体験は、20歳。相手は、地元で有名な「3,000円おばさん」だった。

 売れない芸人のころは、出会い系サイトにハマったこともある。数あるなかから絞りこみ、実際に会った。待ち合わせ場所にやって来たのは、ハゲちらかした自称ニューハーフ。好奇心で、その日のうちに、ワイルドな関係になった。

 売れた今は、当然、モテる。

 「ファンレターをいただいて、そこにプリクラが貼ってあった」ことがきっかけとなって、18歳年下の一般女性と交際。わずか、1か月前のことである。しかし、女性は、売れっ子芸人に遊ばれただけではないかと不安になり、連日テレビに出まくる「彼氏」と、距離を置いた。

 その前に交際していた女性とは、mixiで出会った。失恋して傷心していたため、「失恋」とタイピングして、検索した。ヒットして、ダイレクトメッセージを送った。心を痛めている者同士ならわかりあえる…かもしれない。その気持ちのウラ側には、ヤレるかもしれないという本音が潜んでいた。

 『R-1ぐらんぷり』の前日には、緊張をセックスで緩和させようと、先輩芸人の元カノに手を出そうとした。芸人が相手なら、誰とでもヤル女性だと聞いていたからだ。にもかかわらず、フラれた。今にして思えば、ここで運を無駄遣いしなくて、正解だったかもしれない。

 6月の給料は、30万円。だが、CMのギャラは6か月後、営業のギャラは3か月後に振り込まれるのが、同事務所の給与形態。年末、スギちゃんの貯金通帳は、ワイルドのピークをむかえそうだ。(伊藤由華)

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「お笑い芸人」に関する記事

「お笑い芸人」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「お笑い芸人」の記事

次に読みたい「お笑い芸人」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年7月18日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。