山口県警防府署は7月31日、女子高校生のみだらな写真を撮影したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、青森明の星短期大(青森市浪打)の元子ども学科長で准教授だった鷲岳覚容疑者(37=青森市富田)を再逮捕した。鷲岳容疑者は容疑を認めている。



 再逮捕容疑は4月26日、青森市富田でカウンセリングルームと称して所有していたアパートで、青森市の女子高校生(当時15歳)のみだらな写真をデジタルカメラで10枚撮影し、児童ポルノを製造した疑い。同署によると、偽名を使ってインターネット上に被写体となるモデルを募る広告を出して、女子高校生と知り合い、報酬1万2000円を渡していたという。画像はすべて、パソコンのハードディスクに保存されていたが、他にもわいせつな写真が多数見つかっており、同署は余罪を追及する意向。

 鷲岳容疑者は7月10日、山口県防府市の当時15歳の女子中学生にみだらな写真を撮影させ、メールで送信させたとして同法違反(製造)容疑で逮捕され、山口地検が31日、同法違反の罪で起訴した。

 また、防府署は31日、別の女子中学生の画像を鷲岳容疑者に提供したとして、同法違反(提供)の疑いで、家電販売業・加賀美長久容疑者(32=川崎市麻生区白鳥)を逮捕した。押収した鷲岳容疑者のパソコンの解析結果から、加賀美容疑者が浮上した。


 逮捕容疑は11年9月、ネットで知り合った三重県志摩市の当時14歳の女子中学生のみだらな画像3枚を、鷲岳容疑者にメールで送信した疑い。

 鷲岳容疑者は7月18日付で、同短大を懲戒免職になっている。同短大・辻昭子学長は、「この度の本学教員の不祥事につきまして、関係者及び皆様に対し多大なご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。今後は、二度とこのような不祥事が起こらないように、学園を挙げて再発防止に取り組んでいく所存です」とコメントしている。
(蔵元英二)