24時間テレビで超有名人となったプロレスラー佐々木健介 だけど本業はトホホの現実

24時間テレビで超有名人となったプロレスラー佐々木健介 だけど本業はトホホの現実

 8月25~26日に日本テレビ系列で放送された「24時間テレビ35 愛は地球を救う」。今年、恒例のマラソンに挑戦したのは、プロレスラー佐々木健介、その妻でタレントの元女子プロレスラー北斗晶、長男・健之介君、次男・誠之介君のファミリー。

 家族4人で力を合わせ、リレー形式で約120キロを完走した姿は、日本全国に感動を与えた。2日間を通じた全放送時間の平均視聴率(以下、すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)は17.1%だったが、フィナーレの26日午後7時~9時9分は28.0%。なかでも、健介ファミリーのアンカー、北斗がメーン会場の日本武道館にゴールする直前と直後のシーン(午後8時57分、58分)では、瞬間最高視聴率39.1%という、驚異的な視聴率を示した。

 全国でこれだけの視聴者が健介ファミリーの走りを目撃したわけだから、もはや健介は超有名人。バラエティ番組への出演も多く、知名度では現役プロレスラーの中でナンバー1といっても、過言ではないだろう。

 今回の24時間テレビで、さらなる知名度アップに成功したとあって、今後、本業のプロレスでも、さぞやウハウハかと思いきや、こちらはからっきしダメだというのだ。

 ベテランの格闘技ライターのA氏は、「WJプロレスを退団し、フリーになった当初は、引っ張りだこになった時期もありました。しかし、今は自分の団体(DIAMOND RING=以下、DR=旧名・健介オフィス)を旗揚げし、その自主興行のほかは、プロレスリング・ノア(田上明社長)への参戦ぐらいしか仕事はありません。そのノアも、財政難から、ほぼフル出場だった健介へのオファーは激減しており、プロレスでの実入りは確実に減っています」と語る。

 実際にDRの興行実態を調べてみると、8月はマラソンに備えた影響もあって、収容能力200人ほどの道場(埼玉県吉川市)での興行が4回あるだけ。9、10、11月は道場マッチ以外の地方興行が月1回ずつ予定されているだけ(29日現在)。他団体への出場となると、めっきり減っているのが実情だ。

 「プロレス界自体が不景気のため、ギャラが高い健介は、どの団体も使いづらい環境にあります。いくら、24時間テレビで有名になったからといっても、それでオファーが殺到するような業界の現状ではありません。自主興行といっても、DRは所属選手が少なく、他団体やフリー選手頼みであるため、なかなか数も増やせないところです」(前述のライターA氏)

 超有名人になっても、増えるのは芸能の仕事だけ。肝心の本業は、トホホの現実とは悲しいばかりだ。
(坂本太郎)

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年8月29日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。