ドラフト直前・怪情報! やっぱり、アイツはメジャーに行く!?

 今秋のドラフト会議の1位指名が見えたのは、10月11日だった。大阪府東大阪市内で、大阪桐蔭の甲子園大会優勝の祝勝会が行われ、“主役”藤浪晋太郎投手(3年)が大勢の記者団に囲まれた。

 その囲み取材も和やかなムードで進められ、この日までに予定されていたプロ野球3球団との面接に同席した経緯も同投手の口から説明された。その3球団とは−−。

 初陣を切って臨んだのは、いち早く『藤浪1位』を表明した阪神。続いてソフトバンクと日本ハムが面談を行っている。この3球団の動きを知り、在京球団スカウトがこう解説する。
 「『もう1人』の主役はメジャー挑戦の可能性が高いということですね…」
 もう1人の主役とは、160キロをマークした花巻東・大谷翔平投手(3年)のこと。こちらもNPB12球団から『調査書』が届いているが、プロとの面談に関してはメジャー球団に割く時間の方が多いようだ。
 「大谷クンのところにも12球団が『調査書』を送っています。すでに各メディアが伝えている通り、ドラフトの注目は藤浪クン、大谷クン、そして、東福岡の好左腕・森(雄大=3年)クンです。あと、指名重複の可能性が高いのは、東浜巨投手(亜細亜大=4年)です。大谷クンの『決断』によっては、藤浪クンへの入札がさらに集中するか、森クンの方に行くか…」

 奇しくも、同じ11日、大谷投手はレッドソックスとの面談に臨んでいた。
 すでに、ドジャース、レンジャーズとも会っており、同日、レ軍のエディ・ロメロ国際スカウト部長は「(大谷投手側は)コミュニケーションの部分で不安があった。そういう要望を聞けて良かった」と、面談後に語っていたという。現時点で、大谷投手はメジャー挑戦に傾きつつあると言わざるを得ない。
 「日ハムさんが藤浪クンのもとに来たのも、ある意味、大谷クンの米挑戦を裏付けています。センバツ大会前から日ハムさんが大谷クンを1位指名の最有力候補と位置づけ、複数のスカウト体制で追い掛けていました。栗山(英樹=51)監督もキャスター時代に大谷クンを取材していて、その才能、将来性を高く評価していたと聞いています。日ハムさんの『大谷クン1位』はテッパンだと思ったんですが…」

 日本ハムが大谷投手にゾッコンだという話は、多く聞かれた。もちろん、日本ハム関西担当スカウトも藤浪投手を追い掛けてきた。ここに来て、藤浪投手の方に挨拶をしたということは「大谷投手は獲れない」、つまり、メジャー挑戦の意志は固いと判断したからではないだろうか。
 「ちょっと大袈裟な言い方になりますが、日本ハム内部には『2年連続で1位指名選手が入団しなかったら…』という危機意識みたいなものもあります。藤浪クンは12球団OKの姿勢も表明していますから、前年の菅野(智之)投手のように指名後の交渉が難しくなることはありません」(球界関係者)
 他球団も、今回の日本ハムの動きを見て「大谷投手の米球界挑戦」を覚悟したような向きも感じられた。現時点で大谷投手側は「検討中」としかコメントしていないが、『メジャー挑戦』の見出しを立てるスポーツメディアもないわけではない。

 10月11日は、高校球界を代表する両投手にとって、意味のある1日になったようである。

※大谷投手とレッドソックスの面談に関するコメントは共同通信社等の報道を参考にいたしました。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年10月16日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。