AKB48 地獄の底から戻ってきたスキャンダルメンバーのその後

AKB48 地獄の底から戻ってきたスキャンダルメンバーのその後

 アイドルにスキャンダルは厳禁だが、AKB48グループの中には、そのスキャンダルを乗り越え、不死鳥のようにカムバックしたメンバーもいる。最近では、スキャンダル報道を逆手にとってHKT48を盛り上げる指原莉乃が思いつくが、その他のスキャンダルメンバーはどうだろうか。

 AKB48の初代、スキャンダルクイーンといえば、菊地あやかだ。菊地は第3期生としてAKB48に加入。チームBのメンバーとして活躍。当時の序列でいえば、同チームのエースの渡辺麻友に続き、柏木由紀と2番手争いをしていた。しかし、男性スキャンダルが発覚して解雇。ただ、ここで、負けなかったのが菊地だ。ファンからの非難覚悟で7期生として復帰。派生ユニット「渡り廊下走り隊」のメンバーにも選ばれ、今年の総選挙では、第51位にランクインした。これまでに、スキャンダルで辞めたメンバーは数多くいるが、オーディションを再び受けて復帰したのは彼女だけ。ちなみに、今年のじゃんけん大会には、「1周回って純白宣言」との襷をかけて登場している。

 元チーム4のキャプテンである大場美奈は9期生としてAKB48に加入。正規メンバーの昇格が決まり、新しく誕生したチーム4のキャプテンに指名された直後、過去のプリクラが発覚。謹慎となった。そのため、チーム4の初日にはキャプテンが不在。当日に島田晴香がキャプテン代行に指名された。その後、大場は復帰したものの、船出でつまづいたチーム4はなかなか軌道に乗ることが難しく、局は消滅となった。現在、大場の所属はチームB。スキャンダル以降、大場は総選挙で順位を落とし、露出もチーム4結成以前に比べると少なくなったことは否めない。

 地方グループでは、NMB48の島田玲奈がスキャンダルによる謹慎から戻ってきたメンバーだ。2期生の島田は過去のプリクラがネット上で流出。謹慎となったが、その後、ファン投票を行い、復帰へ賛成多数との結果が出たことから復帰。もともと、2期生の中では、リーダー的なポジションであったことから、2期生を中心に結成されたチームMのキャプテンに指名された。秋元康プロデューサーからは、「大きな困難を乗り越え、公演ができる喜びを感じている今の君なら、2期生を任せられる。NMBに復帰する条件は、キャプテンの責任を負ってもらうことです。自分の過去を背負うと同時に、2期生キャプテンとしての責任も負ってほしい」とのコメントも寄せられた。

 スキャンダルを乗り越え復帰することは、多くのアンチが生まれた状況に自ら飛び込むようなもの。相当の覚悟がなければ、復帰など考えないだろう。ただ、その覚悟を持って復帰した彼女たちの根性は今後、芸能界で生き延びていくためには、必ず必要なはずだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2012年11月14日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュース

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュース

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「乃木坂46」のニュース

次に読みたい関連記事「乃木坂46」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。