【雅道のサブカル見聞録】ガンプラアニメ始動

【雅道のサブカル見聞録】ガンプラアニメ始動

 バンダイから発売されているガンダムのプラモデル(ガンプラ)が30周年を迎えた今年、従来のガンダムシリーズではなく、ガンプラそのものにスポットを当てたアニメ『模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG』が、イベントなどでの先行放送を経て、今月20日よりPC・携帯他のバンダイチャンネル提携・配信サイトで公開が開始された。

 監督はローゼンメイデンなどで有名な松尾衡。脚本は『機動戦士ガンダム00』のシリーズ構成、脚本を手がけた黒田洋介。ストーリーは主人公ハルが偶然手に入れたキット“ビギニングガンダム”と共にガンダムビルダーとしてライバル達とガンプラバトルをくり広げるいうもの。全3部構成の予定だ。

 自作のプラモデルをシュミレーター上で戦わせるという設定は、往年のコミックボンボンファンなら『プラモ狂四郎』や『超戦士ガンダム野郎』を思いだすのではなかろうか。両作共にオリジナルキットが発売されている事も今回の作品に近いものを感じる。特にガンダム野郎は当時はリアル系のガンプラよりヒットしていたSD系のガンプラ“BB戦士”とのコラボで発売されたオリジナルキットがヒットして、後にBB戦士本筋の商品展開であるSD戦国伝に影響を与えたりもしている。SDスピリット指数とかガンキラーや千生将軍などの独自の用語やオリジナルキットをまだ鮮明の覚えてるいる人も多いのではないだろうか。

 80年代末から90年代初頭の、ガンダムシリーズが地上波アニメを放送していない期間は、BB戦士などのSDシリーズが支えて子供の新規ファンを増やしてきた。それが後の平成ガンダムのヒットなどにも影響を与えている。今回の『模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG』も子供の新規ファンを増やし、後に来るであろう地上波アニメ放送に向けての布石だろうか? 現在OVAでシリーズ展開中の『機動戦士ガンダムUC』や9月に劇場公開予定の『動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』はどちらかというと既存のファン向け。最近、ガンダムシリーズ全体の玩具収入の減少が囁かれているが、本作はその救世主になるだろうか? 登場キャラクターのオリジナルガンプラもキット化の予定があるそうなので、ストーリーのみらならず今後の商品展開にも注目だ。(斎藤雅道)

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2010年8月23日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「フェス」のニュース

次に読みたい関連記事「フェス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。