府中刑務所でも… 餅のどに詰まらせ相次ぎ死亡事故

 毎年、正月になると、高齢者が餅をのどに詰まらせる事故が増えるが、残念ながら今年も例外ではなかった。

 東京消防庁によると、1月3日午後現在で、正月三が日で餅の事故で救急搬送された人が、同管内で22人にも上った。

 そのうち、1日に品川区の男性(68)、2日に杉並区の男性(83)、3日には杉並区の男性(71)と港区の男性(78)の計4人が、餅をのどに詰まらせて死亡した。

 まだ、おとそ気分も抜けないことから、同庁では「餅は小さく切ってゆっくりと噛み、唾液とよく混ぜ合わせてからのみ込んでほしい」と注意を呼びかけている。

 また、府中刑務所(東京都府中市)でも、1日、男性受刑者(71)が餅をのどに詰まらせて死亡する事故が起きた。

 同刑務所によると、受刑者は1日午後4時頃、夕食として出されたきな粉餅をのどに詰まらせた。刑務官がすぐに気付き、吸引器で吸い取った上で病院に搬送したが、約1時間半後に死亡した。窒息死とみられる。

 餅は市販されている切り餅の半分の厚さで、約4センチ四方だった。受刑者の健康状態はふだんから問題なかったという。

 同刑務所は「対応に問題はなかったと考えているが、受刑者が死亡したことは遺憾。食材には細心の注意を払っていきたい」としている。

 読者の皆さまも、餅を食べる際には十分気を付けてほしい。
(蔵元英二)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「東京消防庁」に関する記事

「東京消防庁」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「東京消防庁」の記事

次に読みたい「東京消防庁」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク