鈴木福がアクションを熱望、目指すは“仮面ライダー福くん”?
拡大する(全1枚)

 人気子役の鈴木福(8)が16日、東京・渋谷ヒカリエ内のほけんの窓口グループ本社で開催された、メディケア生命保険の「鈴木福くん 絵本大好き会」に登場。キャンペーンに当選した子どもたちへ、絵本「るすばんできるかな?」を読み聞かせ、東日本大震災の被災地復興活動をする団体への1200冊の絵本の寄贈式に出席した。終了後、報道陣の囲み取材に応じた。

 絵本「るすばんできるかな?」(白泉社・2月発売予定)には、メディケア生命キャラクターの「メディくん」が登場し、福くんはメディケア生命CM第3弾に声で出演。この日は、福くんよりも、さらに小さな子どもたちへ、絵本を朗読して、読み聞かせた。

 春には小学3年生になる福くん。2つ下の妹が絵本を読んでいるときにわからない字があると教えているといい、母親が幼稚園へ妹の送り迎えに行っているときなど、一人で留守番をすることもあることを紹介。留守番をする間は、宿題を終わらせた後、大好きな仮面ライダーのビデオを見ているとにっこり。好きな遊びは「戦いごっこ」で、妹や、父親や、学校の仲間たちと、しているという。また、写真撮影で、カメラマンたちから、“福くん、仮面ライダーの笑顔で!”とリクエストがあると、とびっきりの福くんスマイルを見せた。

 昨年は大活躍だった福くんだが、今年はさらに、アクションや演技でも、「もっとすごいのやりたい」と目標を語った。(竹内みちまろ)