“ステージババ”だった樹木希林

“ステージババ”だった樹木希林

 映画「わが母の記」の好演で22日に「第36回日本アカデミー賞」の「優秀主演女優賞」にノミネートされた女優・樹木希林の“ステージババ”ぶりを発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。

 同誌によると、昨年おおみそかのNHK紅白歌合戦で審査員をつとめた歌舞伎俳優・中村勘九郎の後ろの席に映り込んでいたメガネの少年が本木雅弘と樹木とミュージシャン・内田裕也の娘・也哉子の長男で16歳の雅樂(うた)、その隣の女性が長女で13歳の伽羅(きゃら)。勘三郎の隣には樹木が審査員として座っていたが、樹木が会場に2人を連れてきて、出演者と同じ通路から席に通される“VIP待遇”だったという。

 雅樂は本木に似たようで、身長180センチぐらいで、脚が長くて細身のモデル体型。樹木の「かわいい子には旅をさせよ」という樹木の強い意向があり、海外留学経験が豊富だった母・也哉子同様、現在はスイスにある寄宿学校で生活。11年にカナダ・モントリオール映画祭に樹木が出席した際には通訳として同席したという。一方、伽羅は11年に内田伽羅として映画「奇跡」で女優デビューし、樹木と祖母孫共演で話題になっていた。

 昨年は生活雑誌「BRUTUS」(マガジンハウス刊)の10月15日号の表紙を本木夫妻と3人の子供たちの家族写真が飾っているが、どうやら、本木は樹木に物申すことができないようだ。

 「本木はこれまで大手事務所から移籍する際などいろいろ苦労しているため、子供たちの芸能界デビューに反対。しかし、樹木は本木の意向とは逆で将来は孫3人を芸能界入りさせようと今からいろいろ“教育”している。樹木は本木の意向にお構いなしにどんどん孫たちを引っ張っていってしまうので、本木はまったく口を挟めないようだ」(芸能記者)

 2世ならぬ3世の芸能人は“親の七光り”ならぬ“十四光り”で周囲の目も厳しいが、樹木の育て方次第で父親に負けず劣らずの名優に成長しそうだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 樹木希林 内田裕也
  2. 樹木希林 映画
  3. 樹木希林 死去
樹木希林のプロフィールを見る
リアルライブの記事をもっと見る 2013年1月23日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「樹木希林 + 映画」のおすすめ記事

「樹木希林 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「樹木希林 + 内田裕也」のおすすめ記事

「樹木希林 + 内田裕也」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「松本穂香」のニュース

次に読みたい関連記事「松本穂香」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら