あの人は今 “時代”を彩った男と女 元広島監督の古葉竹識さん

 古葉竹織といえば、広島の黄金期を築いた名将として知られる。「耐えて勝つ」をモットーに“我慢の古葉采配”を確立し4度のリーグ制覇、3度の日本一にチームを導いた。鉄拳制裁も辞さない厳しい指導と、ベンチで半身を隠すような身の置き方も古葉を語る上では欠かせないエピソードだ。

 現在、古葉は東京国際大学で野球部監督を務めているほか、NPO国際青少年体育協会理事長、少年軟式野球国際交流協会理事長、全日本大学軟式野球連盟会長などにも名を連ねるなど、様々な方面から野球界への貢献を続けている。
 古葉野球のルーツは貧しかった幼年期にある。何事も投げ出さず苦境に耐えて乗り越えてきたことで、自然と「耐えて勝つ」ことが人生の教訓となった。古葉は高校卒業後、専修大学に進学するが、1年生の夏休みに母校で後輩に野球指導をしていたところを偶然来校した日鉄二瀬・野球部監督の濃人渉の目にとまり、入社を勧められた。
 「当時も古葉さんの実家の経済状況は良くなくかったことから、“無理して大学へ行かせてもらったものの、これ以上は迷惑を掛けられない”と言っていて、大学を中退して日鉄鉱業に進むことを決意したのです。このような背景もあって古葉さんらしい野球哲学が確立されていったのです」(古葉氏を良く知る元担当記者)
 その後、58年に広島入りし、俊足巧打の内野手として活躍した。64年68年と、二度の盗塁王に輝いたが、徐々に出場機会を失いつつ70年に野村克也に請われて南海に移籍。71年に現役は引退したが、その後73年まで野村のもとで指導者としての経験を積み、75年に広島の新監督に就任し快進撃を見せていったのだ。古葉は最優秀監督賞4回、正力賞、セリーグ特別賞なども受賞した。85年に勇退。87年に大洋の監督になるも3年目に成績不振の責任を取って退団した。

 広島では絶大な人気を誇る古葉だけに03年には広島市長戦に出馬したが落選。翌年04年には自民党より比例代表で参院選に出馬したがこれまた落選した。
 「結果的に、政界進出はしなくて良かったと思いますよ。晩節を汚すところでした。特に広島市長には絶対にならなくて良かった。広島は政令指定都市というだけでなく世界的にも大きな意味を持つ都市です。ここに古葉さんが飛び込んでいっても、到底監督業同様には務まりません。落選したことで却って野球人生にも傷をつけずに済みました」(地元有権者)
 現在74歳。今後も若き野球選手たちの育成を中心に綺麗な野球人生を歩みきってほしいものだ。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2010年8月30日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。