八百長裁判で勝訴の元蒼国来 協会とひと悶着の可能性も

 11年4月に八百長の認定を受け解雇されながら、3月25日、東京地裁で解雇は無効との判決が下りた元幕内・蒼国来の恩和図布新(おんわとうふしん)氏(29)が、復帰にあたって、日本相撲協会とモメる可能性が出てきた。

 協会は27日に大阪市内で夏場所(5月12日初日=両国国技館)の番付編成会議を開いたが、元蒼国来は編成の対象外だった。

 この後の流れとしては、4月3日に協会が臨時理事会を開き、元蒼国来の件を協議するが、判決を覆す証拠がないため、控訴断念を決めることが有力視されている。その時点で、元蒼国来の復帰を認める決定を下すものとみられる。

 復帰が決まれば、同4日にも、北の湖理事長(元横綱)が元蒼国来の師匠だった荒汐親方(元小結・大豊)、本人と復帰後の処遇を協議する意向だという。

 ここで問題となるのは、番付と復帰時期。元蒼国来は最後に出場した11年初場所(両国)では、東前頭16枚目で8勝7敗と勝ち越し。八百長問題が発覚し、その後、「順席」として発表された序列では西前頭15枚目だったが、解雇処分となったため、同年5月の技量審査場所(両国)前に、しこ名が削除された。

 協会関係者によると、復帰後の元蒼国来の地位を、幕内最下位格とする方向であることが分かった。現在の幕内最下位は西前頭16枚目。元蒼国来の解雇前の地位は西前頭15枚目で、番付1枚の差がある。この1枚は大きな差だ。西前頭15枚目なら負け越しても、7勝8敗であれば、幕内に残留できる可能性があるが、幕尻の西前頭16枚目格なら、負け越せば100%十両陥落となる。協会側が幕内最下位格と決めると、番付1枚の攻防で、元蒼国来側が反発することも予想される。

 さらに、むずかしいのが復帰時期。荒汐親方は2年のブランクを考慮して、「2場所くらいは休ませたい」と発言。9月の秋場所での復帰を希望している。一方、協会側は夏場所にも、土俵に上げたい意向で、双方の意見に食い違いがみられる。

 理事会で元蒼国来の復帰まではすんなりと決まりそうだが、番付と復帰時期に関して、ひと悶着ありそうな気配だ。
(落合一郎)

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年3月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。