推定Fカップの巨乳で注目を浴びる、NHKのスポーツ情報番組「サタデー/サンデースポーツ」(NHK)のキャスターを務めている同局の杉浦友紀アナが30代のワイルド系イケメンディレクターと交際中であることを発売中の写真誌「フライデー」(講談社)が報じている。

 同誌によると、杉浦アナが30歳の誕生日を迎えた今月14日の夜、イケメンの男性が杉浦アナの自宅マンションで一夜を過ごし、翌朝はマンションのベランダで洗濯物を取り込んでいたというからよほどの仲である様子。その日は男性が杉浦アナをNHKまで送って別れた。また別の日には、仕事帰りに最寄り駅で合流しそのまま杉浦アナのマンションへ。また別の日には焼き肉店で食事後、レンタルショップで映画のDVDを選び、小雨がぱらつく天気の中、相合い傘で杉浦アナのマンションへ。その翌日の夜、マンションから手を繋いで出てきた2人を同誌記者が直撃すると決して交際を認めなかったというが、掲載されている写真を見る限り、親密交際中であることは明らか。気になるお相手の素性だが、杉浦アナよりも年上の30代で、日本テレビ系のバラエティ番組を担当するワイルド系のイケメンだという。

 「日テレに“移籍”した山岸舞彩アナから同番組をバトンタッチされ、相当プレッシャーがあったようだが、美脚の山岸アナに対し、ロケのシーンではその巨乳を自然とカメラがクローズアップするなど、しっかり自分の“色”を出した結果、5月5日の『サンデースポーツ』の視聴率は今年初の10%超えとなる11.9%と記録。これからさらに数字が上がりそうだった矢先の熱愛スキャンダルだった」」(芸能記者)

 杉浦アナの彼氏の存在発覚が視聴率にどう影響するかが注目される。