両リーグ最下位監督が奇っ怪続投のワケ

 「アナライジング・ベースボール(分析野球)」を掲げた尾花高夫監督になってもチームは浮上せず、3年連続最下位が決定的な横浜。昨年2位でも野村克也前監督(現名誉監督)を勇退させ、ブラウン監督(前広島監督)を呼んだら大誤算。大混パのペナントレースから1球団だけ落ちこぼれた楽天。尾花、ブラウン両監督とも今季限りで解任されてもおかしくないのに、来季続投が内定している。怪人事の裏に何があるのか。

 最下位独走の横浜・尾花監督にはなんと居眠り疑惑まで浮上している。ミーティング中に居眠りしているというのだ。事実ならアナライジング・ベースボールどころの話ではない。担当記者が選手に真偽を確認すると、「本当に眠っているのかどうかわからないが、眠っているように見える時はある」と答えたという。
 選手が居眠り疑惑を否定せず、裏付けるような証言をすること自体、大問題だろう。監督の求心力がなくなっている、何よりの証明だからだ。が、球団側は2年契約を理由に来季の続投を明言している。不可解な人事だ。「要は、若林オーナーが巨人側に頭を下げて取ってきた監督だから、オーナーのメンツに懸けても1年でクビにするわけにはいかないのだろう」と関係者は舞台裏を明かす。
 確かに、巨人のリーグ3連覇に貢献した尾花チーフ投手コーチをヘッドハンティングするには、一騒動あった。「事前にあいさつがなかった」と激怒した巨人・原辰徳監督が日本シリーズから尾花投手コーチを外そうとしたりして、一時期、険悪ムードが漂った。そういう経緯があったので、横浜・若林貴世志オーナーが、東京・大手町の読売新聞社を訪れ、巨人・渡辺恒雄球団会長、滝鼻卓雄オーナーの元にあいさつに訪れ、引き抜き人事ではない円満退団劇を強調するセレモニーをしたのだ。
 球団トップがそこまでやった以上、尾花監督を1年でクビ切りをすれば、自らが返り血を浴びることになる。「巨人のことを知り尽くしているから、任せて欲しい」という尾花監督の言葉を真に受けたオーナーの責任問題になってくるからだ。そうなる以上、来季もう一度ラストチャンスを与えるしかない。

 楽天・ブラウン監督の来季続投も、全く同じで球団首脳のメンツの問題だ。「長かった野村体制を1年で変えるのは無理。2年契約だし、もちろん来季もやってもらう」というフロント首脳の言葉に本音が見え隠れする。最下位転落の責任を求めて1年で解任すれば、野村前監督が鬼の首を取ったように、また騒ぎ出すだろう。
 「2位になったワシの後に、なぜ広島でBクラスばかりだった監督を据えるんや。勝ちたくないんか」「今季は最下位だろう。武士の情けで5位の予想にしてやったんや」。こう声を大にして叫び続けてきた野村前監督の言う通りの結果になっている。このままの状態で解任すれば、火に油を注ぐのは見え見えで、野村前監督の楽天球団首脳批判はさらにヒートアップするばかりだろう。「ワシがもう1年やっておれば、優勝できたのに」「ワシをクビにした楽天のフロントはやはり節穴やった」などと言いたい放題になり、復帰劇を画策しかねない。ブラウン監督には来季、なんとか脱野村チームの格好を付けてもらわないと困る。それが楽天球団首脳の本音だろう。横浜、楽天共にメンツの問題の最下位監督の続投。ファン不在の人事だ。

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年9月8日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。