記録も胸も急成長中の重量挙げ・八木かなえ

記録も胸も急成長中の重量挙げ・八木かなえ

 ロシアで行われているユニバーシアード夏季大会で、7月7日、重量挙げ女子53キロ級で、八木かなえ(20=金沢学院大)がスナッチ85キロ、ジャーク110キロのトータル195キロで優勝し、金メダルを獲得した。

 八木といえば、12年ロンドン五輪の日本代表。五輪では女子53キロ級で12位に終わったが、まだまだ記録も自慢のバストも急成長中のようだ。

 八木は92年7月16日生まれ、兵庫県神戸市出身。5歳から体操を始め、神戸市立押部谷中学時代は、全日本ジュニア選手権(2部)の個人総合で7位に入賞するほどの実力者だった。

 ところが、本人は「10年でひと区切り」として、08年の高校入学とともに、重量挙げに転向した。

 競技が変わっても、八木は運動能力の高さを存分に発揮。転向後、わずか8カ月で、アジアユース48キロ級で優勝。09年には「全国高校女子選手権53キロ級」を制し、「世界選手権」にも出場したが、48キロ級で10位だった。

 10、11年も「全国高校女子選手権53キロ級」で優勝し、3連覇を達成し、敵なしで金沢学院大に進学。

 大学で初の公式戦となった11年の「全日本女子学生選手権53キロ級」で優勝。12年の「全日本ジュニア選手権53キロ級」「全日本選手権53キロ級」を制して、ロンドン五輪日本代表に選出された。

 五輪ではいまひとつの成績だったが、今年に入っても、「全日本学生選抜大会53キロ級」「全日本学生個人選手権53キロ級」を制している。

 自称巨乳評論家のA氏は、「身長は153センチと小柄ながらも、そのパワーとバランスの良さは抜群ですね。重量挙げというと、どうしても『男がやるスポーツ』とのイメージが強いですが、アイドル顔負けのルックスは、重量挙げのイメージを変えましたね。Dカップはありそうですが、まだまだ胸も発展途上中で、今後に期待がもてます」と語る。

 まだ、20歳と若い八木。故障さえなければ、16年リオ五輪への出場も有力です。その時は、ぜひメダルを狙ってほしいものです。
(坂本太郎)

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2013年7月10日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。