日本ハム・大谷 不敗神話継続も初KOでローテはく奪危機

日本ハム・大谷 不敗神話継続も初KOでローテはく奪危機

 二刀流を目指す日本ハムのスーパールーキー、大谷翔平投手(19)が先発ローテーションから外される危機に直面した。

 オールスター戦をはさみ、公式戦では7月4日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)以来の登板となった大谷は、30日の千葉ロッテ戦(QVCマリン)に先発。

 3回は無失点で切り抜けたが、自軍が2-0とリードの4回裏に突如崩れた。二死二塁から、四球、死球を出して満塁のピンチとなり、打者・塀内久雄内野手に痛恨の押し出しの四球を与えた。その後、荻野貴司外野手、角中勝也外野手に連続タイムリーを喫して、5失点で逆転された。

 直後の5回表に、味方打線が奮起し、4点を奪って、6-5と再逆転し、勝ち投手の権利を得たが、5回裏のマウンドに上がることはなく、事実上のKO降板となった。

 この日の大谷は最速154キロ、4回80球を投げ、4安打3四球1四球で、プロワーストの5失点(自責5)。課題は走者を出してからのセットポジションにあった。

 大谷は「バランスが良くなかった。踏み込みが思った位置にいかなくて、狙い通りの球を投げられなかった」と、うなだれ、「(チームメイトに)助けられてばかり。もっとリズム良く投げられたら」と反省しきり。

 ただ、チームは9-5で勝利し、味方の援護でプロ初黒星は免れた。これで、大谷が登板した試合は、6戦5勝1分け。大谷に白星は2つしかついていないが、不敗神話は継続し、勝ち運を持ち合わせていることを改めて示した。

 しかし、ローテに残らなければ、勝ち運があっても、どうしようもない。栗山英樹監督は「投手はいっぱいいる」とバッサリ。「この状態じゃあ、(次回は)全然分からない。見ての通り。今の課題がハッキリ出ていた」と、ローテ外しもほのめかした。

 大谷は早々に課題を修正して、次回登板の機会を伺うしかなさそうだ。
(落合一郎)

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2013年7月31日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。