藤圭子と宇多田ヒカルに亀裂を入れたある出来事

藤圭子と宇多田ヒカルに亀裂を入れたある出来事
拡大する(全1枚)

 宇多田ヒカルは27日朝、母藤圭子さんの遺体が安置されていた東京・目黒の碑文谷会館を訪れ、約40分間の対面を果たした。藤さんの遺体は宇多田や父の音楽プロデューサー照実氏が参列する中、都内の斎場で荼毘(だび)に付された。

 宇多田は26日、公式サイトで、藤さんが長く精神の病を抱えていたことを明かした。照實氏も同サイトで、出会った時から藤さんが感情的に不安定だったと明かし、ヒカルが5歳の頃に家族に対して「攻撃的な発言や行動」を行うようになったと告白。そんな事情が宇多田の藤さんに対する感情を微妙なものにしていたのは想像に難くない。

 そして、ここにきて宇多田と藤さんの間に亀裂を入れたある理由が浮上している。

 「2002年ごろ、宇多田のコンサートを開く権利を無断で藤さんが第三者に売ろうとしたんです。それがきっかけで2人の確執が生まれてしまったようです。そのころは紀里谷和明氏との結婚、米ユニバーサルレコード傘下のレーベルと契約と、絶頂を極めていただけにショックも大きかったのでは」(女性誌記者)

 昨年11月にアニメ「新世紀ヱヴァンゲリヲン」の劇場版に主題歌を提供。今年4月には、月1回放送のラジオ番組がスタート。徐々に活動再開をしそうな気配だったが、今回の母の死で、それも遠のいてしまったかもしれない。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク