セックス・アンド・ザ・シティで学ぶ恋とセックス 登場人物〜キャリー・ブラッドショー

セックス・アンド・ザ・シティで学ぶ恋とセックス 登場人物〜キャリー・ブラッドショー
       

 熱烈ファンには説明は不要だが、「SATC」の登場人物の4人の女性について個人的な解説をしてみたい。キャリー、ミランダ、サマンサ、シャーロットはニューヨーク在住の30代の女性。主人公はサラ・ジェシカ・パーカー演じるキャリー・ブラッドショーで、職業はライター/コラムニスト。

 ミランダ・ホブスは弁護士、サマンサ・ジョーンズは広告代理店の経営者、シャーロット・ヨークは画廊勤務。いずれもミドルクラス/アッパー・ミドルクラスの女性達で、NYで日々サバイバルの為に奮闘しているたくさんの女性達から見れば雅な生活をしている部類に入る。

 4人の性格はそれぞれに際立っており、うまく設定されている。キャリーは私の見るところ、ニューヨークにはあまりいないタイプ。出身が中西部のせいか甘さが残る。ぶりっこな一面もあるしオトコに振り回される傾向もある。

 劇場版でセント・ルイス出身という設定だった秘書のルイーズ(ジェニファーホリディ)の方がよほどニューヨーカーっぽい。

 キャリーが全編を通じて交際を続けるミスター・ビッグはサラ・ジェシカ・パーカー本人がインタビューで答えているように「問題あり」の煮え切らない男。そんな彼とズルズルと付き合うキャリーの恋愛事情がどう完結するのか、見ている方はハラハラドキドキさせられる。

 キャリーも、いつも彼の顔色を伺い、彼の言動に左右され、「少し泣いたり、少し笑ったり、それが恋のグローリー」という歌の文句のように、常に一喜一憂している。彼女が劇場版で遂にビッグと結婚できたのは「粘り勝ち」と言えるだろう。普通の女性であれば10年もくっ付いたり離れたりはとてもできない。

 「長い道のりだったね、キャリー・ブラッドショー!」

(セリー真坂)

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ニューヨーク」に関する記事

「ニューヨーク」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ニューヨーク」の記事

次に読みたい「ニューヨーク」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年9月21日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。