“房総のダルビッシュ”西武・相内誠がまた暴走! 未成年での飲酒・喫煙で処分

 千葉国際高時代、最速145キロの速球を投げていたことから、“房総のダルビッシュ”と呼ばれていたプロ野球西武ライオンズの相内誠投手(19=今季より登録名は「誠」)が、またも暴走してしまった。

 西武球団が1月22日、記者会見を行い、相内が未成年ながら、飲酒・喫煙していたため、6カ月の対外試合出場禁止などの処分を下したことを発表した。寮からの夜間外出も禁止され、ユニホーム着用を禁止することも検討される。2月1日からの春季キャンプは、B班(2軍)に帯同するが、個別メニューとなる見込み。

 球団によると、14日に公式ホームページの意見欄に、「相内が都内で飲酒している」との投書があった。相内に確認したところ、13年11月以降、複数回の飲酒の事実を認め、同時に喫煙もしていたこと明かしたという。

 会見した飯田則昭専務取締役は「我々の管理不行き届き。指導が足りず申し訳なく思っている」と陳謝。相内は球団を通して、「このようなことを起こして、大変申し訳なく思っております。自分は、いろんな経緯があって入団したわけですけれども、ここまで応援をしていただいたファンの方々に、誠に申し訳なく思っております。今後このようなことをしないと誓います」とコメントした。

 相内は12年のドラフトで2位指名され、仮契約を交わした後の同年12月4日、仮免許中にもかかわらず、東京アクアラインで自動車を運転。29キロのスピード違反を犯し、道交法違反(車の無免許運転と速度超過)の疑いで千葉県警に摘発された。

 学校からは無期限謹慎処分を受け、球団は入団交渉を凍結した。卒業後の13年3月10日、「十分、反省している」と判断されて契約。同月28日、千葉家裁木更津支部で保護観察処分が決定した。

 同年8月7日のフューチャーズ戦が初の実戦登板となり、イースタン公式戦ではわずか6試合の登板にとどまり、10回を投げて、0勝3敗、防御率6.30の散々な成績だった。同年9月2日に保護観察が終了し、登録名も「誠」に変更し、14年シーズンは心機一転で臨むはずだった。

 未成年選手の喫煙といえば、1年目のダルビッシュ有投手(当時日本ハム)が、写真週刊誌に未成年ながらパチンコ店で喫煙していたことが、春季キャンプ中に報じられたことがあった。ダルビッシュは球団寮へ強制送還、無期限謹慎処分を受け、学校(東北高)からは停学処分が下された。更生期間を経て、その年(05年)のダルビッシュは5月に2軍で初登板、6月に1軍に昇格し、5勝(5敗)を挙げている。

 飲酒・喫煙は重大な過失ではないかもしれないが、相内はこれが2度目の不祥事。プロとしての自覚が欠如しているといわざるを得ない。6カ月の対外試合出場禁止となると、実戦復帰は早くても7月下旬で、シーズンの半分以上を棒に振ることになる。今季に懸けていたはずの相内だが、不注意の代償はあまりにも大きい。
(落合一郎)

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月23日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。