AKB48グループ 大組閣でチームAのスタメン争いが激化

AKB48グループ 大組閣でチームAのスタメン争いが激化

 大組閣を経て、AKB48グループのチームが確定した。移籍や昇格を辞退したメンバーなどが話題になっているが、そんな中、ファンの間では、「チームAレギュラーが激戦になる」と話題になっている。

 そもそも基本的に公演に出演するのは16名であり、それ以上にメンバーがいるチームは“スタートメンバー”と“控え”が生まれる。

 チームAは24人。前回の総選挙の結果やこれまでの実績、さらにファンからの注目度を見ると、高橋みなみ小嶋陽菜島崎遥香川栄李奈入山杏奈矢倉楓子宮脇咲良はほぼ確定。さらに、古畑奈和武藤十夢、中村麻里子、中西智代梨らも兼任の話題性や最近の勢いから、ほぼ“スタートメンバー”になることは予想できる。

 ここまでで11人。問題はここから残り5人だ。まず、正規メンバーに昇格したばかりのドラフト生や15期生は、まだ時期尚早ということで、市川愛美、達家真姫宝田北香世子、西山怜那らはアウト。現実的には残りの9名がこの5枠を競うことになりそうだ。

 この9名の中には、前回の総選挙でランクインしている片山陽加(34位)、菊地あやか(51位)、前田亜美(53位)、松井咲子(60位)らがいる。さらに、4期生として活躍してきた中田ちさと、グラビアで活躍する小嶋菜月や、最近バラエティ番組で頭角を現わしてきた岩田華怜、次世代を期待される森川彩香、藤田奈那。

 菊地あやかはNMB48、岩田華怜はSKE48へのそれぞれ移籍を拒否してチームAの所属となったが、彼女たちが、“スタートメンバー”に残れる保証はまったくないと言っていいだろう。

 ただ、最初に紹介したほぼ“スタートメンバー”は、メディア露出が多いものが多く、公演に出演する回数は限られるため、“控え”になったとしても、“スタートメンバー”の代役となることで、まったく公演に出演できないわけではない。さらに、メディアで活躍するメンバーは、センター付近のポジションのため、そのポジションで多くの公演に出演することになれば、ギリギリで“スタートメンバー”選ばれたメンバーより公演で目立つことができるとも考えられる。どっちが“おいしい”かは難しいところだ。

 今回の大組閣で、AKB48グループのすべてのチームが16名以上になった。メンバーの本当の戦いは、ここから始まるのかのかしれない。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュース

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「乃木坂46」のニュース

次に読みたい関連記事「乃木坂46」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュース

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年2月28日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。