京都の中学教員が授業中に女子生徒のスカート内を盗撮

 京都府教育委員会は3月11日、授業中に女子生徒のスカート内を盗撮しようとしたとして、宇治市立北宇治中学校の男性講師(25)を、停職6カ月の懲戒処分とした。講師は同日付で退職した。

 中学校と宇治市教育委員会によると、1月17日、女子生徒が授業内容を質問するために、教壇に近づいた際、講師のスリッパと足の間に、スマートフォンが挟まれていたことに、近くにいた男子生徒が気付いた。男子生徒が放課後、別の教諭に報告。学校側が調べたが、スマートフォンに撮影記録は残っておらず、講師も当初は否定した。

 ところが、約1週間後、講師が「撮影したが失敗した。仕事のストレスで魔が差した」と一転して認めた。同校の校長は「生徒に見本を示すべき人が、今回のような行為をしたことは許されない。再発防止に努める」と話している。

 府内では、昨年10月にも、京都市立中学校の20代の男性教諭が、校内で複数の女子生徒のスカート内を盗撮していたことが発覚した。だが、現在の府条例で規制する「公共の場所または公共の乗り物」に学校は含まれず、校内での盗撮行為は条例違反容疑で立件できなかった。

 現行の条例は、盗撮を禁じるスペースを、誰でも出入りできる商業施設や駅、電車、バスの中などを、「公共の場所または公共の乗り物」と規定している。

 そこで、京都府警は2月議会に、盗撮を禁止する場所を、学校、職場、病院、学習塾なども、「公衆の目に触れる場所」に拡大する府迷惑行為防止条例の改正案を提出。府議会本会議で、3月11日、府迷惑行為防止条例を一部改正する関連議案が可決された。4月13日から施行される。

 これで、京都府では今後、校内での盗撮行為も立件可能となる。
(蔵元英二)

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年3月17日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。