西武・渡辺監督、進退伺いの狙い

 西武・渡辺久信監督(45)が公式戦終了後にV奪回失敗の責任を取り、進退伺い提出という情報が一部スポーツ紙で報じられた。まだクライマックスシリーズ(CS)があるこの時期になぜ?

 渡辺監督の進退伺いを報じたスポーツ紙は、西武とのホットラインで知られる関係にある。それだけに、火のないところには煙は立たないと言える。問題は情報源が球団側か渡辺監督サイドかだ。それによってそれぞれの思惑が推察できる。
 球団側ならば、来季まで契約のある渡辺監督が進退伺いを出そうという動きをキャッチして、封じ込めるために、あえてリークしたと言えるだろう。渡辺監督が、雄星への暴力行為など「行き過ぎた指導」を理由に解雇された腹心の大久保博元・前二軍打撃コーチの処遇に対し、「かばいきれなくて情けない」と明言。球団の処分に関して大きな不満を抱え、優勝の成否にかかわらず、辞任する動きを見せていたからだ。

 親分肌の渡辺監督だけに、大久保コーチ解雇の件で筋を通して引責辞任というのは可能性大で、それでは後任難の球団としては、最悪のケースになる。就任1年目の日本一から4位に転落した昨シーズン終了後に渡辺監督と新たに2年契約したことでも、後任監督候補難の現実がわかるだろう。なんとしても、渡辺監督を引き留めるために、先手を打っての「2年連続V逸の引責引退伺い」情報リークは、辻褄が合う。
 情報源が渡辺監督サイドだとしたら、球団側への揺さぶり作戦だろう。球団にとって一番ダメージの大きい渡辺監督の退団という奥の手を早めにチラつかせ、今後の主導権を完全に握ってしまおうという思惑が見え隠れする。

 渡辺監督が激怒している腹心・大久保氏の解雇事件の根は、雄星問題にある。「デーブ(大久保氏の愛称)が解雇になったのは、球団首脳が『球団の宝』と言い切る雄星に暴力行為をふるったからだ。後藤オーナーは入団時から『1年目から活躍しなくて良い。10年以上はエースとして働いてもらわないと困る人材だから、じっくりと大きく育てて欲しい』と明言しているほどだ。デーブが暴力行為を働いた相手が他の二軍選手だったら、クビにはならなかっただろう。ナベQ(渡辺監督の愛称)は、自分の腹心よりも雄星が大事。こういう球団の判断に対して、怒っているんだ。このままでは、監督よりも雄星が最優先されるわけだからね」。

 西武OBは球団vs渡辺監督の根本的な問題点をこう明快に解説する。このまま雄星を特別な存在にされては、渡辺監督としては、現場の最高責任者として思うように手腕をふるえなくなる。だから進退伺いを出し、球団からの度重なる説得に仕方なく続投する。その代わり、雄星の育成方法などすべてにわたり、自由にやらせてもらう権利を確保する。こういうシナリオが見えてくるのだ。ただし進退伺いというのは、一歩間違えると、とんでもない結果になる。就任1年目の02年にいきなり日本一になった巨人・原辰徳監督が、2年目にV逸して3位になり、球団側からコーチ陣の刷新を迫られ、「コーチ陣は一心同体だ」と進退伺いを提出。「1年目に日本一になった監督を辞めさせるわけにはいかないだろう」という側近のアドバイスで強気に出たのだが、あっさりと進退伺いは受理され、退団するしかなくなっている。今回の渡辺監督の進退伺い情報がどういう顛末になるのか、予断は許さない。西武には、平成の怪物・松坂大輔(現レッドソックス)を日本球界のエースに育てた東尾修氏(元西武監督)という、最後の切り札もあるし…。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2010年9月29日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。