来季楽天監督候補の面々とその可能性

 最下位でも2年契約のために続投と見られていた楽天・ブラウン監督が突然解任され、スポーツ紙各紙がいっせいに後任候補の名前を挙げ、大にぎわいだ。監督候補の面々の現状と就任の可能性を探る。

 やはり名前が挙がったかと言っていいのが阪神・星野仙一オーナー付きシニアディレクターだ。今春、講演会などで「もう一度、監督として勝負したい」と宣言。監督としての復帰が注目されていただけに、当然出てくる名前だ。昨年、野村克也・前楽天監督(現楽天名誉監督)の後任候補として騒がれたこともある。ワンマン経営者の楽天・三木谷浩史球団会長とのパイプもあり、有力候補の1人であることは間違いない。
 「話はきていないが、まだ忘れられていないということだろう。ありがたいことだ」と、星野氏が語るのは当たり前だ。現場復帰に意欲を示しているのだから。問題は星野氏招請には大金がかかることだ。現在、阪神から年俸1億円近くもらっており、監督として呼ぶには、年俸2億円くらいはかかるだろう。さらに星野ファミリーと言われるスタッフの招請にかかる経費もばかにならない。
 「楽天が大金を惜しまずに、本気でやる気があるかどうかにかかっている。ノムさんの後任にブラウンを招いたのも年俸6000万円と格安だったのが大きな理由の一つだからね」と球界関係者が言い切る。フレッシュな候補として名前が挙がっている全国区人気の桑田真澄氏の場合も、三木谷会長との個人的なラインから浮上している。メジャー帰り監督第1号という話題性があるし、楽天本社は英語を公用語にするというからピタリだが、星野氏と同様に金銭的な問題が焦点になってくるだろう。

 ポスト野村として一時期最有力候補に名前の挙がった東尾修氏(元西武監督)の名前も出ているが、こちらも西武監督として2度リーグ優勝しているキャリアがあるだけに、それなりの待遇が必要になってくる。ネームバリューのある監督候補だけでなく、佐藤義則投手コーチ、仁村徹二軍監督という内部昇格情報があるのは、お金がかからないからだ。
 「楽天は金銭的にシビアな企業だから、大金のかかる大物監督は呼ばないだろう。ノムさんで懲りているからね。エース岩隈のポスティングを認めようとしているのも、落札金が手にはいるからだ。来年、海外FA権を手にされてメジャー入りされたら、1円にもならないからね」。
 球界OBがこう語るが、確かにある面で核心を突いている。佐藤投手コーチか仁村二軍監督の内部昇格ならば、余計な出費はいらない。多少の契約金と年俸アップで済むだろう。実は、この2人は星野氏とのつながりがある。佐藤投手コーチは、03年に星野氏が阪神を18年ぶりにリーグ優勝させた時の投手コーチだし、仁村二軍監督も中日・星野監督の時に中日の二軍監督を務めた間柄だ。
 「星野氏は仁村に惚れ込んでおり、二軍監督に据えたのも将来、中日の一軍監督にするプランを持っていたからだ。が、白井オーナーになり、星野氏自身が中日監督を解任され、実現しなかったが…。現在、楽天で仁村が二軍監督をやっているのも、星野氏が三木谷会長とのホットラインで押し込んだからという話まである」。中日OBはこう明かす。

 星野氏が監督に就任すれば、新政権の核になる投手コーチと二軍監督は、佐藤投手コーチと仁村二軍監督で、すんなりおさまることになる。もし、条件面で折り合わず、星野氏が監督に就任しなければ、三木谷球団会長への星野氏のお墨付きでどちらかが内部昇格という線もあり得る。そう考えていくと、楽天の来季監督人事のキーマンは、星野氏とも言える。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2010年9月30日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。