イモトアヤコのエベレスト登頂断念問題 再挑戦してほしい?

イモトアヤコのエベレスト登頂断念問題 再挑戦してほしい?

 お笑いタレントのイモトアヤコが日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」の企画で、世界最高峰のエベレスト登頂に挑戦していたが、同局の大久保好男社長が4月28日の定例会見で、今年については断念することを発表した。

 同18日に起きた雪崩で、シェルパ(ネパール人の登山ガイド)の死亡事故が発生し、シェルパらは今シーズンの登山中止を決定していた。

 イモトはこれまでに、同番組の企画「イッテQ登山部」で、キリマンジャロ、モンブラン、マッターホルンなどの登頂にチャレンジ。昨年10月には、世界8位の高さであるヒマラヤ山脈のマナスル(標高8163メートル)の登頂に成功している。イモトらは5月下旬に世界最高峰へ登頂すべく、5000メートル付近で準備を進めていた。

 ただ、あくまでも断念は今年のことで、来年については流動的だ。そこで、「Yahoo!ニュース」では、「イモトアヤコにエベレストへ再挑戦してほしい?」との意識調査を、4月28日~5月8日に実施。13万1810票(男性=76.1%、女性=23.9%)の回答があった。

 その結果は、「再挑戦してほしい」が5万8598票(44.5%)で、「再挑戦してほしいとは思わない」の5万8127票(44.1%)を、わずかながら上回ったが、その票差はわずか471票で、ほぼ同数。「分からない/どちらとも言えない」は1万5085票(11.4%)だった。

 再挑戦に反対する意見のなかには、「登山家でも厳しいエベレスト登山を、お笑いタレントにさせる意図が理解できない」「登山家や冒険家でも難易度が高いエベレストに、芸人如きが登山するなんて言語道断だと思う」といった厳しいものが多かった。また、「イモトが挑戦したいのではなく、日テレに都合良く利用されているだけ」といった日テレ批判も多く寄せられている。

 アンケート結果を見れば、明らかなように、半分の人が再挑戦を希望しているが、このチャレンジは命懸けだ。視聴率を獲るための話題作りも理解できるが、事故が起きてからでは遅い。イモトは登山家ではないのだ。日テレには冷静な判断が望まれる。
(リアルライブ編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. イモトアヤコ ドラマ
  2. イモトアヤコ 安室奈美恵
イモトアヤコのプロフィールを見る
リアルライブの記事をもっと見る 2014年5月9日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「イモトアヤコ + ドラマ」のおすすめ記事

「イモトアヤコ + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「イモトアヤコ + 安室奈美恵」のおすすめ記事

「イモトアヤコ + 安室奈美恵」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「出川哲朗」のニュース

次に読みたい関連記事「出川哲朗」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら