常習の“開チン男”がまた女子中学生に局部露出

 もはや病気というしかない!

 股間の部分をくり抜いたズボンを履いて、自転車を走行し、女子中学生に局部を露出したとして、警視庁生活安全特別捜査隊は5月30日までに、公然わいせつ容疑で、会社員の男(35=東京都墨田区八広)を逮捕した。

 逮捕容疑は、4月21日午前7時45分頃、東京都江戸川区平井7丁目の路上で、自転車に乗りながら、登校中の女子中学生に局部を露出した疑い。

 男は黒いコートに黒い帽子、サングラス姿で、股間部分をU字形(縦約25センチ、横約20センチ)に切り取ったズボンを履いていた。

 「セーラー服姿の女子中学生に見られるとうれしかった」と、男は容疑を認めており、「今年に入って10回やった」と供述。同隊は余罪があるとみて、調べている。

 実は、この男は過去に同様の容疑で2度逮捕されており、今度が3度目。12年5月にも、江東区、墨田区、足立区の路上で、女子中学生に局部を見せたとして、同年8月に懲役6月の有罪判決を受け、犯行当時は執行猶予(2年)中だった。

 やはり、今回と同じで、股間部分をくり抜いたズボンを着用して、自転車を走らせて、女子中学生に開チンしていた。

 このゆがんだ性癖を治すために、クリニックにも通ったという男だが、それも効果なく、「見せたい願望」にストップをかけることはできなかったようだ。執行猶予中の再犯とあって、服役は免れないようだ。
(蔵元英二)

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「事件」に関する記事

「事件」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「事件」の記事

次に読みたい「事件」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月6日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。