低視聴率の『あさチャン!』を打ち切りできないTBSの理由とは

低視聴率の『あさチャン!』を打ち切りできないTBSの理由とは
拡大する(全1枚)

 視聴率低迷にあえぐTBSが、再び『半沢直樹』をプランニングしたという。堺雅人は再来年にNHK大河ドラマ『真田丸』に出演する予定だが、最後の賭けに出るようだ。

 みのもんたの次男の逮捕でTBSは『みのもんたの朝ズバッ!』を終了させ、4月に新番組もスタートさせた。ただ、スタート早々から数字は下降線。『あさチャン!』では夏目三久を起用したが、数字は振るわず。ある制作会社関係者は「いまは3~4%行けばいいほう。2%という数字が出てくる日もある。いま、日テレの『ZIP!』が8%くらいでフジの『めざましテレビ』が9%くらいですからね。明らかにTBSの視聴者が流れていっちゃっている。朝からこれだと、全体的に上がりも渋くなるんです」という。

 この低視聴率ぶりは本来なら早期打ち切りという数字だが、すぐには打ち切れない事情はある。「夏目は『半沢直樹』で主演した堺雅人と同じ事務所。『半沢直樹』の続編をやる代わりに夏目を、というバーターでの司会決定ではないが、TBSにとっては何とか事務所に恩を売って、『半沢直樹』の続編にこぎつけたい。だから、『あさチャン!』は打ち切れないんです」とはあるテレビ局関係者。その『半沢直樹』も堺の大河決定で、続編は絶望的と言われ、夏目の立場も危ういといわれている。

 ただ、「ここまで全体的に視聴率の落ち込むカンフル剤はやはり 『半沢直樹』しかないと踏んだようで、来年の1月クールで続編を出来ないかというプランニングをしている。大河の撮影を考えれば、1月クールでのドラマ撮影はラストチャンスです。堺のほうは池井戸潤原作の『ルーズヴェルトゲーム』を放送したことに憤りを感じていると言われていますが、今度は夏目が人質に取られる形ですからね。『半沢直樹』が無ければTBSも夏目を切りにかかるでしょうし、TBSがどう事務所を説得するか。見ものですよ」とはある芸能プロ関係者。果たしてTBSはプランどおりにいけるか。

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月19日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。