「同級生のパンティ見たかった!」 京都の男子高校生が教室内で女子のスカート内を盗撮

       

 京都府警右京署は7月24日、高校の教室内で女子同級生のスカート内を盗撮したとして、京都府迷惑行為防止条例違反(盗撮)の疑いで、京都市伏見区の高校3年の男子生徒(17)を書類送検した。

 書類送検容疑は、6月24日午後3時15分~25分の間、市内の高校の教室で、同じクラスの女子生徒(17)のスカート内を、スマートフォン(多機能携帯電話)で撮影した疑い。

 同署によると、男子生徒は休憩時間中に、自分の席の横の通路にかばんを置き、女子生徒がまたいだ際に、スマホを差し出して撮影した。撮影音を消すアプリを使っており、シャッター音は鳴らなかった。

 少女は盗撮されたことに気付かなかったが、少年の不審な動きに気付いた別の男子生徒2人がスマホを取り上げ、担任の教諭に報告して発覚。学校側はその日の夜に、同署に申告していた。

 男子生徒は調べに対し、「ふだん、見ることができないパンティを見たかった。インターネットの投稿サイトにあるような盗撮画像が撮れないかと思ってやった」などと供述し、容疑を認めているという。

 京都府では3月に、宇治市の中学校教員が授業中に女子生徒のスカート内を盗撮する事件も起きたが、学校内での盗撮行為は当時の府条例で規制する「公共の場所または公共の乗り物」に含まれず、条例違反容疑で立件できなかったケースがある。

 府議会本会議では3月、府迷惑行為防止条例を一部改正する関連議案が可決。盗撮を禁じるスペースは、誰でも出入りできる商業施設や駅、電車、バスの中などに限定されていたが、全国で初めて、それを学校、職場、病院、学習塾などの「公衆の目に触れるような場所」にも拡大し、4月から施行された。今回、新条例施行後、初の摘発となった。
(蔵元英二)

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年7月28日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。