関脇・豪栄道が“大甘”で大関昇進へ

 大相撲名古屋場所(7月13日~27日=愛知県体育館)は、横綱・白鵬が13勝2敗の成績で30度目の優勝を果たし、千代の富士(31回)、大鵬(32回)がもつ歴代1位、2位の優勝記録にあと一歩まで迫った。

 そんななか、急転直下、大関昇進を決めたのが、“万年関脇”の豪栄道(28=境川)だ。豪栄道は先場所(夏場所=5月)、8勝7敗に終わっており、今場所、“大関獲り”の話など出ていなかった。

 ところが、14日目に11勝を挙げると、突如風向きが変わり、「千秋楽に勝って12番勝てば大関に推挙する」(審判部)となったのだ。その千秋楽で、白鵬と2敗で並んでいた琴奨菊を破った豪栄道は12勝目をマークし、大関昇進を確実にした。30日に招集される臨時理事会の承認を経て、正式に大関昇進が決まる。

 今場所、豪栄道は横綱・日馬富士には敗れたが、白鵬、鶴竜の2横綱、琴奨菊、稀勢の里の2大関を下しており、それが評価された格好だ。

 2場所前は12勝を挙げている豪栄道だが、先場所は8勝どまりで、直前3場所での勝ち星は32勝。大関昇進の目安とされる33勝には星が足りない。平成以降、直前3場所の成績が32勝で昇進した例は千代大海、稀勢の里の2例あるが、星以上に問題となるのは先場所の8勝だ。

 平成以降でみると、2場所前に1ケタ勝利だったケースは少なくないが、1場所前に1ケタだった例は、92年名古屋場所で昇進した曙のみ。曙の場合、1場所前は8勝だったが、2場所前と直前場所は13勝と立派な成績を収め、直前場所では初優勝を遂げており、審判部から異議が出る余地はなかった。

 しかし、豪栄道の場合は3場所で32勝どまり、優勝もなく、1場所前は8勝しか挙げていないだけに、「もう1場所様子を見る」ということでも良かったはずだ。現在、大関は2人おり、無理やり新大関をつくらなければならない状況でもない。

 豪栄道は12年夏場所(5月)で関脇に上がって以降、2度負け越したこともあったが、大勝ちもないが、大負けもしない安定感で、14場所連続で関脇の地位を維持している。

 誰がどう見ても、“大甘”での昇進が見え見えの豪栄道。協会幹部の期待に応えられるかどうかは、今後次第だ。
(落合一郎)

編集部おすすめ
リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「大相撲」に関する記事

「大相撲」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大相撲」の記事

次に読みたい「大相撲」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク