愛知県警の巡査長が署の親睦会費382万円を着服

       

 愛知県警は7月25日、署の親睦会費を着服したなどとして、愛知県警豊田署の男性巡査長(31)を、業務上横領の疑いで名古屋地検に書類送検した。県警は巡査長を停職3カ月の懲戒処分にし、同日付で依願退職した。また、監督責任を問い、当時上司だった警部2人を本部長注意、警部補3人を所属長注意とした。

 県警によると、巡査長は同署地域課地域係員の親睦会の会計を担当していた11年3月~今年3月にかけて、会費を管理している預金口座から約100回にわたり計約382万円を引き出し、着服したとみられている。そのうち、約36万円分を立件した。巡査長は発覚後、約350万円は弁済している。

 今年3月末に巡査長が他部署に異動となり、親睦会費の口座の通帳を引き継いだ際、不自然な出金が分かり発覚した。

 親睦会費は、県警本部の各課や署の警察官が毎月約2000円ずつ積み立て、異動時の歓送迎会や親睦旅行などで使われている。一般的には、各課で担当者を決め、それぞれの親睦会費を管理している。

 巡査長は「服や靴、デート代、生活費などに使った。物欲が抑えられず、給料だけでは足りなかった」と容疑を認めている。

 また、県警が巡査長のロッカーなどを捜索した際、09年に巡査長が取り扱った窃盗と器物損壊事件の被害届の原本2通が放置されていたことも判明した。

 大江英生首席監察官は「警察官としてあるまじき行為。厳正に処分した。再発防止に努めたい」とのコメントを出した。
(蔵元英二)

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「愛知県警の巡査長が署の親睦会費382万円を着服」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    愛知県警による横領、広島中央署は署員全員が横領、続いて山口組の伊東警察署か、ヤクザでキチガイな警察署だ。

    1
  • 匿名さん 通報

    神奈川県警の婦人警官は性風俗してたそうだ。伊東警察署の婦人警官も関与あるらしい。キチガイな警察署だらけだ。

    1
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年7月29日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。