九州・福岡を拠点に活動するダンスボーカルアイドルユニット・Rev.from DVL(レヴ・フロム・ディーブイエル)の橋本環奈秋山美穂四宮なぎさが1日、東京・羽田空港で開催された「空行け!九州キャンペーン」発足式典に主席。Rev.from DVLは「空行け!九州応援隊2014」に就任し、任命状を受け取った。



 九州観光推進機構では平成24年度、九州へ就航する国内航空会社全14社と団結した全国初の航空機利用推進プロジェクト「よかよかエアラインズ」(九州へ顧客を運ぶための架空の航空会社)を立ち上げ、キャンペーンを全国各地で展開。9月1日から2015年3月31日まで「空行け!九州キャンペーン」が実施され、九州往復航空券や九州特産品のプレゼントをはじめ国内各地でイベントを実施する。

 九州応援隊に任命された喜びを、橋本は、「福岡以外にも、九州のアイドルの方はたくさんいるじゃないですか。その中でも、Rev.が九州の応援隊に選ばれてすごく嬉しく思います。私たちは九州をすごく愛しているので、存分に魅力を伝えたいです」と笑顔で語った。

 そんな橋本だが、高校生活を語る一幕もあった。
夏休みの予定を尋ねられると、「仕事以外は学校です」とのこと。「高校生になって気付いたのですが、中学は『夏休み、遊べる~!』という感じがあったのですが、高校って、課外やレポートなどがたくさんあるじゃないですか。『学校か』と思うと…。お仕事以外では学校で勉強したりしています」と苦笑い。福岡では、夏休み中にも学校のカリキュラムが組まれることも多いそうで、秋山は、「福岡はあるみたいで、東京に来て話をすると、『学校があるんだ』とよくいわれます」と、福岡から東京に来て体験したエピソードを紹介した。(竹内みちまろ)