本当にあった!? 「首なしライダー伝説」

本当にあった!? 「首なしライダー伝説」
 あなたは「首なしライダー」の怪談をごぞんじだろうか。

 「首なしライダー」は昭和末期の頃に流行り始めた幽霊談で、その名のとおり首のないバイク乗りが深夜の街中を爆走しているという話である。

 出現地は日本全国に渡り、群馬県の棒名町近辺、埼玉県は秩父市近辺、東京都青梅市のほか京都や兵庫県の六甲山付近にも目撃情報がある。

 首なしライダーの正体はとある暴走族のひとりの生霊であるとされている。誕生の経緯としてもっとも知られているのが、とある街で暴走族の違法行為に困り果てた住民が彼らを懲らしめようと思い、通り道にピアノ線を仕掛けたところ見事にかかり首がすっ飛んでしまったという話である。

 これらはほぼ実話であり、1984年東京都葛飾区の水元公園でバイク乗りの少年が何者かが仕掛けたロープに首を引っ掛けて転倒し亡くなった事件があった。

 ロープは近隣の住人が仕掛けたものと言われているが、具体的な犯人は不明なままとなっている。実際に道にロープを仕掛けるというトラップは当時の暴走族対策によく用いられた作戦であり、一説にはこの事件がきっかけで暴走族の抑止に効果があったとされている。

 さて日本には江戸時代より「首なしの霊」が出るという怪談話は残っており、多くは馬に乗った首なしの武士が夜な夜な現れ、人々を驚かすといった伝承のほか、世界には「デュラハン」というアイルランドに伝わる首なし騎士の伝説が残っている。

 このように首なしライダーをはじめとする「首のない幽霊たち」は過去から現在にかけて世界中で現れているのだ。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年8月9日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。