担当マネジャーすらハマっていた新ドラマ出演が決まった岡田健史

担当マネジャーすらハマっていた新ドラマ出演が決まった岡田健史
 俳優の岡田健史が、4月スタートのTBS系ドラマ「MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)」に出演する。
 同ドラマは綾野剛星野源がW主演。警察内部で「何でも屋」と揶揄されながらも、犯人逮捕にすべてを懸ける初動捜査のプロフェッショナル「機動捜査隊(通称:機捜)」が、24時間というタイムリミットの中で事件解決を目指す。

 一部スポーツ紙によると、岡田が演じるのは警察庁幹部の父を持つキャリアの新米・九重世人。今まで何事もうまくこなしてきたという自信から、どこか上から目線になりがちだが、意外にかわいいところもあるという役どころだという。
 「有村架純の相手役を務めた、18年1月期のTBS系『中学聖日記』で衝撃的なデビューを果たした岡田。今や人気急上昇中だけに、演じているキャラをうまく立てることができれば、さらに人気に火がつきそう。役者としての大先輩である綾野と星野からも親密な関係になりそうだ」(TBS関係者)

 高校までは野球少年だった岡田だが、桐谷美玲黒木メイサの事務所からのスカウトを5年にわたり断り続けたが高校卒業後に芸能界入り。デビューから2年は順調にステップアップしているが、その陰には事務所の“内紛”があったようだ。

 発売中の「女性セブン」(小学館)によると、岡田についていたのは、引退した堀北真希さんの元女性マネジャー。タレント管理術が巧みだったというが、10分に1回は岡田にLINEして行動確認したり、ゴールデンウイークになぜか自分の両親を会わせるなど過剰管理。
 それが積もりに積もって事務所の女社長の逆鱗に触れ、他部署への異動を命じられると退社してしまったというのだ。
 「それまで女性ばかり担当していたのに、急に男性、しかもとびきりのイケメンの担当になり舞い上がってしまったのでは」(芸能記者)

 マネジャーすらハマる魅力の持ち主だけに、今後、さらなるブレイクは必至だ。

あわせて読みたい

岡田健史のプロフィールを見る
リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュース

次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松田龍平」のニュース

次に読みたい関連記事「松田龍平」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「高良健吾」のニュース

次に読みたい関連記事「高良健吾」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月1日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。