次回の抽せんが大チャンス?“2つのジンクス”が到来の日、ロト7最高額10億円狙い目の数字は

次回の抽せんが大チャンス?“2つのジンクス”が到来の日、ロト7最高額10億円狙い目の数字は
 93年前の昭和2年に起きた昭和恐慌。30年前の平成2年にはバブル経済の崩壊と、新元号に入って2年目の年に、日本経済は歴史的な金融危機に見舞われてきた。そして迎えた令和2年、新型コロナウイルスが、日本経済のみならず世界経済に深刻な影響を及ぼしている。

 人とモノが回らない中で、国民1人10万円の現金給付案が検討されているが、27日(金曜日)抽せんのロト7には、国民1人10万円換算で7,073人分(707,367,235円)のキャリーオーバーが発生し、最高10億円の大チャンスとなっている。

 日本経済に新元号2年目のジンクスがあるように、ロト7の最高当せん金数字にも、ジンクスが存在する。当時は最高当せん金8億円だった2014年、年明けから3回目の最高額当せんが出た7月25日第68回抽せんの数字は2、7、13、15、24、34、35だった。

 以下同様に、年明けから3回目の最高額当せん数字は、2015年2月20日第97回抽せんが7、13、14、16、22、24、35。2016年2月12日第147回が1、5、7、12、15、24、25。最高額当せんが年間でわずか1回にとどまった2017年は参考にせず、2018年9月7日第281回が1、2、17、19、20、22、26。2019年3月8日第307回5、8、15、24、25、32、35だった。

 2017年を除く2014年から2019年までの年明け3回目のロト7最高額当せん数字を検証すると、第68回=2、第97回=22、第147回=12、第281回=2、22、第307回32と、下ひと桁2の2、12、22、32が少なくとも1個は抽せんされていることがわかる。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月25日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。