トリミング中の猫を壁に投げつけたペットサロン店員、防犯カメラの映像が証拠となり逮捕

トリミング中の猫を壁に投げつけたペットサロン店員、防犯カメラの映像が証拠となり逮捕
拡大する(全1枚)
 昨今のペットブームで、飼い猫や飼い犬のお手入れをペットサロンで行う人も少なくない。こうしたペットサロンに連れて行くのが不安になるような出来事がアメリカで発生した。
 海外ニュースサイト『The Post and Courie』と『CountOn News2』は、アメリカ・サウスカロライナ州の美容室に勤務する男が、猫を壁に叩きつけて逮捕されたと4月2日までに報じた。

 記事によると、2019年5月にペットサロンで働く27歳の男は、同サロンで働くトリマーの女性から猫のトリミングを手伝ってほしいと頼まれたという。男性は、女性トリマーの向かいに座って荒々しく猫を抑えていたが、手を噛まれたことで激高。暴言を吐きながら猫をつかんで壁に投げつけたという。この時の様子が防犯カメラに記録されていた。

 一連の出来事から半年後の11月、この映像が有名動画サイトに投稿されたという。瞬時にSNS上に拡散し非難が殺到。動画を見た人が警察に相談を寄せたため、捜査が開始されたという。

 ペットサロンのオーナーによると、オーナーは病気を患っており、サロンの運営は店長に任せっきりだったようだ。当時の店長は男の父親であったという。オーナーは、動画が拡散した時に初めて猫を乱暴に扱ったことを知ったようだ。 
 画像がリークされる1か月前の10月、オーナーは本件とは関係なく、男の父親である店長および男を解雇していたという。遅刻、無断欠勤など不真面目な態度が原因であった。オーナーは、店長が解雇された腹いせに、店の評判を落とそうと防犯カメラの映像をリークしたと考えているという。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク