20代女性巡査長、拳銃を所定の場所に戻さず飲み会に参加 緊急事態宣言下の失態に怒りの声

20代女性巡査長、拳銃を所定の場所に戻さず飲み会に参加 緊急事態宣言下の失態に怒りの声
       
 19日、長崎県警の警察官が相次いで職務怠慢とも思える行動を起こしていたことがわかった。
 不祥事を起こしていたのは、長崎県内の警察署に勤務する20代の女性巡査長。緊急事態宣言下だった今年4月、勤務を終えると、携帯していた拳銃を所定の保管庫内に戻さず、個人用ロッカーに置き、警察署内の飲み会に参加した。

 ​>>20代警察官、派遣型風俗店を利用しコロナ感染 大バッシングの中「感染者責めないで」の声も<<​​​

 翌日出勤すると、女性巡査長はその事実に気が付き、上司に報告。「県民の信頼を傷つける行為をして大変申し訳ない」と反省しているという。女性巡査長は8月3日付で本部長注意処分を受けた。
 拳銃は、一般人に渡れば凶悪犯罪を引き起こす可能性が高いもの。警察官だけに許されている拳銃を厳重に保管していなかった事実は、職務怠慢と言わざるを得ないだろう。

 この女性巡査長の行動に、「警察官としての自覚がない」「こんな人間に拳銃を持たせないでほしい。管理が甘すぎる」と怒りの声が上がる。また、「上司は何をしていたのか」「警察署の管理はどうなっていたのか」など、警察署の管理体制を問う声も出た。

 長崎県警では今年5月にも、50代男性巡査部長が交通取り締まり中、警察手帳を携帯せず勤務していたことが判明。取り締まり中、一時停止を無視した車を摘発すると、運転者が違反を認めようとせず、警察手帳の提示を求められる。交番に忘れてきたという巡査部長は対応に窮し、交通違反切符を交付せずに解放した。

 県警はこの行為を不適切として、7月22日付で本部長訓戒処分とした。なお、解放ドライバーについては、3時間後に別の警察官が交通違反切符を交付した。巡査部長は「住民の信頼を裏切り深く反省している」と話しているそうだ。

 人々の信任を得て権力を行使する警察官。県民の信頼を損なうような基本的ミスは、慎んでもらいたい。

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「20代女性巡査長、拳銃を所定の場所に戻さず飲み会に参加 緊急事態宣言下の失態に怒りの声」の みんなの反応 10
  • 匿名さん 通報

    頭がおかしい警察官と言えば静岡県警だろ? 「ロコ、イオ、ヤッキー、イッキー」等カタコト英語の静岡県警と海自と富士山ナンバー陸自らが麻薬売買してるらしいな?

    3
  • 匿名さん 通報

    「ウグモ、ロコ、イオ」まず、静岡県警陸自海自の口癖「ロコ」はスペイン経由麻薬かね、「ウグモ」はフィリピン系、「イオ」は在日米海軍だろ?これらの口癖が表れた公務員は麻薬売買やってるそうだな?

    3
  • 匿名さん 通報

    特徴的な言動で目立つ不審な警察署員か、「ウグモ、ロココ」と女署員に発言している変わった警察署員だそうだな?麻薬でもやってる警察署員かね?

    2
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月20日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。